インタビュー内容テキスト

9月になってから、今度は、もともと左足の骨の検査をしてたんですけど、6月に1回骨シンチをしたときも、「やっぱり、ちょっとこう骨の、これ骨転移なのかどうなのか分からないけれども、まず、ゾメタというその骨の骨転移の治療をする点滴をしよう」ということで、その骨の周りをこう強くする点滴を毎月やっていたんですね。で、それでも、6月に検査したときは、その変わっていなかったんですよ、がんの範囲が。で、「もう1回じゃあ9月にMRIを撮ろう」っていうことで、MRIを撮ってみたらば、「やっぱり、まあ、その大きさ自体は変わっていないから、これは骨転移でしょう」っていうことで。で、8月あたりから痛みが強くなってきたんですよね。で、1回入院、抗がん剤で入院しているときに、ズキーンとこう骨の中が、すごい痛みがきて、車いすのときもあったんですよ。1回、去年の8月かな? すごい痛くて、でも、1日経ったら治っちゃったんですけど。そんときだけは、ほんとに、何かこう骨の中が、こう骨折するようなというか、ほんとに折れちゃうんじゃないかっていうぐらい、ズキっという痛みで。座薬を使ったような気がするな、あのときは。で、何かその痛みが気になるっていうことを言ったらば、「じゃ、放射線をあてて、痛みをとりましょう」ということで、10月からまた25クールで放射線を当てました。足の骨に。で、「これで、消えるかもしれないし、もしかしたら、消えないかもしれないけども、がんの活動性は抑えられるから大丈夫だし、痛みも取れるし」っていうことで、かけはじめたら、もう3日目ぐらい。
3回ぐらいかけたときに、もうすでに痛みがなくなってきて、今はもうほとんど痛くないですね。ただ、雨が…雨が降る前の日とかに、こう、骨の中がこううずくような感じはするんですけど。あの去年の8月のようなこうズキンズキンという痛みはないです。

「語ってくれてありがとう!」と思ったらこちらをクリック →

あなたのひと言をどうぞ → ひと言