※写真をクリックすると、動画の再生が始まります。

診断時:32歳
インタビュー時:34歳(2008年7月)

東北地方在住。2005年秋、左乳がんが見つかり、乳房温存術+リンパ節郭清、術後抗がん剤、放射線療法、ホルモン療法を受けた。1年後に転移。骨転移にゾメタの点滴治療を開始、肝転移にラジオ波治療を行った。その後、抗がん剤治療も開始したが、自分の意思で抗がん剤を中止した。一人暮らしで看護師をしている。

ほんとに、何か軽い気持ちでMRIも良性だっていうことを確かめるために自分としては、やろうという感じで行って。ちょうど、MRIが終わったあとに、N先生に、外来でお会いして。「ちょっと診てみましょうか?」って言われて、診てくださったんですけど「造影剤を入れると、のう胞の場合は、白く光るんだけど、これは白く光ってないから、悪いできものかもしれませんね」っていうふうに言われて。もう、その場で、ちょっと、私は、こう…崖っぷちに立たされたというか、何かハンマーか何かで頭を殴られたような感覚というか。最初の告知のときよりもすごくショックでしたね。で、外科外来でも、やっぱり泣き崩れてしまって。そこの看護婦さんが、ティッシュをこう差し出してくれて、涙が止まらなかったなというのは覚えていますね。で、全くノーマークだったので、肝臓っていうところは。あんまり、そんなにお酒もいっぱい飲むほうではないし、何も思い当たるところがないんですよ。肝臓に転移するって。何でだろうなって思うぐらい。で、自分も良性だとばかり思っていたので、誰も、連れていかなかったんですね。家族も、友達も、でも、もうすっごい泣いて泣いて、車に戻ってお母さんにまず電話して、そしたら何か「代わってあげたいね」って母が言ってくれて。「でも、まず、負げねぇで頑張っぺぇし」って、訛りなんですけど、言ってくれて。で、そのあとに、その一諸に告知のときに来てくれた、Rちゃんっていう子が消化器内科の病棟で働いているんですね、私の同じ職場で。そこで、肝臓のラジオ波治療をやっているすごく上手な先生がいるんですけど、うちの病院に。で、その先生のことを言って、「転移性肝がんでいっぱいそのラジオ波でよくなっている人いっぱいいるよ」って。「だから、諦めなくていいんだよ」って。ああ、何か、こう生きる希望がまだあったんだっていうふうに、自分でちょっとこう落ち着いて。だんだんそのRちゃんと話をしていたら落ち着けましたね。

私は: です。

(アンケート結果の扱いについては個人情報の取り扱いについてをご覧ください。)

認定 NPO 法人「健康と病いの語りディペックス・ジャパン」では、一緒に活動をしてくださる方
寄付という形で活動をご支援くださる方を常時大募集しています。

ご支援
ご協力ください

モジュール一覧