インタビュー内容テキスト

「もう浮気していいよ」って気分だったんですよね、私的には。「女性として私はもう終わりなんだ」って、「もう見られたくもないし、もうできないそんなこと」って思ったけど、でもどっかで「繋がっていたい」っていう気持ちもすごく、私はまだ女性なんだって。ちょうど39歳だったので、微妙なお年頃だったんですよね。で、生理もまだもちろんあって、で、妊娠をしてちょうど生理がなかった。で、やっと生理が戻ってきたと思ったら、手術…抗がん剤、もう生理が止まってしまう。すごいその女性としての、こう、なんだろう、いろんなものが崩れていって、でもどっかで踏ん張っときたいみたいな。私はまだ女性なんだっていうのがあったから。彼は求めてくれたんですよ、だからこんな私でも、こんな途中でも。そんなことできるのみたいな(笑)。でもそれがすごい嬉しかったんですよね。だからすごいそんな気分でもなかったっていうところもあるんだけど、一方で嬉しいっていう気持ちもあって、やっぱりそういうことありました、だから。 いろんな夫婦の形があって、もちろんそんなことがなくてもちゃんと夫婦であり続ける方もいらっしゃるだろうし、そこがないと夫婦じゃないという方もいらっしゃるだろうし。でもやっぱり気持ちがないと、っていうのがすごくありますよね。やっぱり気持ちにお互い応えたいし、でもやっぱり性的なことがないとやっぱり、ねえ、若いのにそういうことがないというのはちょっと。それは健康なことだろうと思うし。 そうですね。気持ちがあったから応えれたのかなっていう気はすごくしますね。気持ちがなかったら、たぶん、もしかしたら怒ってたかもしれません。「こんな私が、こんな大変なときに!」とか、思ってたかもしれないし、やっぱり感謝の気持ちがあったから応えれるのかもしれないですね。で、やっぱり嬉しい気持ちもあるし…。

「語ってくれてありがとう!」と思ったらこちらをクリック →

あなたのひと言をどうぞ → ひと言