※写真をクリックすると、動画の再生が始まります。

プロフィール

インタビュー17

診断時:39歳
インタビュー時:40歳(2008年6月)
九州地方在住。2007年9月、産後、乳房マッサージに来てくれた保健師がしこりに気づき、右乳がんが見つかる。乳房温存術+センチネルリンパ節生検、抗がん剤治療を行い、現在、放射線治療を終えたところである。夫と子ども3人の5人家族で、仕事はフルタイムで事務職をしていたが、産休中に発病。今後、復帰予定である。

詳しいプロフィールを見る

で、診断をしてもらうのにも、なかなかやっぱり授乳中だったので、マンモグラフィを撮るときがすごい辛くて、痛いし、もうおっぱいがこうぼとぼと落ちてくるんですよ、挟むと。それが恥ずかしいのと、もうなんか悲しいのとで、なんかそのときの気持ちがすごく辛かったですね。で、どちらの病院か忘れたんですけど、「大丈夫ですよ」ってすごく声をかけてくださる技師さんが、「気にしないでください」って言ってくださる技師さんも…女性の方もいらっしゃったし、もうすごい機械的にゴシゴシっとか掃除される方もいて、なんかそれもなんかすごく辛くて、だからちょっとね、声をかけてもらったほうがすごいちょっと安心感があったんですけど。

「語ってくれてありがとう!」と思ったらこちらをクリック

あなたのひと言をどうぞ

私は: です。

(アンケート結果の扱いについては個人情報の取り扱いについてをご覧ください。)

array(1) { [0]=> object(WP_Term)#12132 (17) { ["term_id"]=> int(15) ["name"]=> string(24) "診断のための検査" ["slug"]=> string(5) "kensa" ["term_group"]=> int(0) ["term_taxonomy_id"]=> int(15) ["taxonomy"]=> string(8) "category" ["description"]=> string(0) "" ["parent"]=> int(9) ["count"]=> int(13) ["filter"]=> string(3) "raw" ["term_order"]=> string(1) "2" ["cat_ID"]=> int(15) ["category_count"]=> int(13) ["category_description"]=> string(0) "" ["cat_name"]=> string(24) "診断のための検査" ["category_nicename"]=> string(5) "kensa" ["category_parent"]=> int(9) } }
同じテーマの語りを見る