※写真をクリックすると、動画の再生が始まります。

診断時:39歳
インタビュー時:40歳(2008年6月)

九州地方在住。2007年9月、産後、乳房マッサージに来てくれた保健師がしこりに気づき、右乳がんが見つかる。乳房温存術+センチネルリンパ節生検、抗がん剤治療を行い、現在、放射線治療を終えたところである。夫と子ども3人の5人家族で、仕事はフルタイムで事務職をしていたが、産休中に発病。今後、復帰予定である。

「セカンド・オピニオンも取りませんか?」っていうことで、最初の病院の先生も言ってくださったんですけど、なんか心に余裕がなかったっていうか、その頃は。「そんなにそんなことが大事なのか、そんなにいろいろ治療があるのか、この人が言ってくれるのがベストなんじゃない、ベストを言ってくれているんだろうし」っていうのがすごくあったんですね。自分にも余裕がなかったし、そのやっぱり子どももまた預けなきゃいけないとかいうのもあったりして、まあ(セカンド・オピニオンを)取っとけば良かったかなって、今になって思わなくはないですけど、でももうその先生を信頼し始めてたので。
で、実は(治療が始まってから)途中で(セカンド・オピニオンを)取ったんですね、1回。病理検査が出て、抗がん剤が終わって、放射線の間のときに、東京まで病理検査の、採った組織のセカンド・オピニオンっていうのがあって、それをしに行きました。それを自分の主治医に言ったときに、「そんなことまでせんでも」みたいな感じで、先生には言われたんですけど、東京の友だちにも会いに行きたかったし、うん。日帰りで朝行って、ちょっとお友だちと会って、そこの病院に行って、まあ病理検査のもう一度検体を預けてたので、それを見てもらって、そこではやっぱりもう「今の先生の治療がベストでしょう」というお返事をいただいて、自分なりにも納得できた返事だったので、それでまた新たな治療には進めれてよかったんですけど。

私は: です。

(アンケート結果の扱いについては個人情報の取り扱いについてをご覧ください。)

認定 NPO 法人「健康と病いの語りディペックス・ジャパン」では、一緒に活動をしてくださる方
寄付という形で活動をご支援くださる方を常時大募集しています。

ご支援
ご協力ください

モジュール一覧