※写真をクリックすると、動画の再生が始まります。

診断時:39歳
インタビュー時:40歳(2008年6月)

九州地方在住。2007年9月、産後、乳房マッサージに来てくれた保健師がしこりに気づき、右乳がんが見つかる。乳房温存術+センチネルリンパ節生検、抗がん剤治療を行い、現在、放射線治療を終えたところである。夫と子ども3人の5人家族で、仕事はフルタイムで事務職をしていたが、産休中に発病。今後、復帰予定である。

たまたまがん保険に入ってたんですよ。それも本当に若いときのお付き合い程度で、もう忘れてるぐらいの月々の少ない掛け金で掛けてたのが、一時金で大きいお金が入ったので、それで治療はできたんですけど。本当に出産後に見直そうと思ってたんですけどね。通院(特約)をつけてなかったので、通院をつけてればなあというのがすごく、今となっては後悔なんですけど。今だんだん医療は通院の方向に向いてるからですね。やっぱり通院でつくような保険に入ってたら良かったなというのがすごくありましたね。で、簡易的な保険しかあとは入ってなかったので。でも、健康にこれから働ければいいですけどねえ、これが外来通院でずっととかなると。今のところはその一時金がドンと入ったので、持ちこたえてますけど、やっぱりこれが長くなったりすると、やっぱりちょっと厳しいでしょうね。

私は: です。

(アンケート結果の扱いについては個人情報の取り扱いについてをご覧ください。)

認定 NPO 法人「健康と病いの語りディペックス・ジャパン」では、一緒に活動をしてくださる方
寄付という形で活動をご支援くださる方を常時大募集しています。

ご支援
ご協力ください

モジュール一覧