ジリアン
インタビュー時:55歳
性別:女性
診断時:51歳と53歳
経歴:既婚、ITトレーナー。
国籍:イギリス人(白人)

短縮版:ジリアンは2005年に乳癌と診断され、その時の年齢は51歳であった。乳腺腫瘤摘出術、放射線療法、タモキシフェン投与およびアリミデックス投与を受けた。2007年、非浸潤性乳管がんと診断された。乳腺切除術と同時に広背筋皮弁方乳房再建および化学療法を受けた。

語りの内容(テキストのみ)

初回の時、私が思うに、伝えたのは上司だけでした。というのも、検査の結果を得るために病院に戻らないといけなかったことを、私が彼女に話したからです。そして、私は彼女に電話をして言いました。でも正直、夫からその他みんなへ主に伝えてもらったと私は思います。二回目のときはたしかよりいっそうそうしてもらいました。癌になったことを話すことが嫌だったというわけではないのですが、もし私が伝えたら、「みんなは私になんて言ったらいいのだろう」ってなるのかなと思いました。だから、少なくとも夫が彼らと話をする、あるいは彼らに伝えてもらうことで、その後私がはっきりと彼らに話したつもりです。でも彼らはそれに慣れるような時間をほとんど持っていたのです。なぜなら、もし私が彼らに、とりわけ『私が再度癌になった』ことを電話して口に出したら、と考えました。彼らは、『え、何?』というふうになるでしょ。

だから、二度目の時に私が話した唯一の人間は[friend’s name]だったと思います。なぜなら、生検後に彼女と会っていたからです。正確には私たちは外出した、晩に外出していたと思います。そして彼女に、また癌になったかもしれないことを伝えたら、もちろん彼女は泣きましたし、それは私が望んでいなかったことです。だから一般的に、前回と今回の両方の機会で、夫が彼らに話すことが私にとってより心痛がなかったと感じますし、彼らにとってもより心痛がなかったと思います。なぜならその時彼らは夫に同情できるからです。でも私と話す前に、彼らはいくらか落ち着きました。

私は: です。

(アンケート結果の扱いについては個人情報の取り扱いについてをご覧ください。)

認定 NPO 法人「健康と病いの語りディペックス・ジャパン」では、一緒に活動をしてくださる方
寄付という形で活動をご支援くださる方を常時大募集しています。

ご支援
ご協力ください

モジュール一覧