インタビュー内容テキスト

私は中に呼ばれました。そして、「よわったなぁ、癌のようです。以前に一度癌になっていますから、推奨としては今回乳腺切除術と化学療法になります。」と彼らは言いました。

だから、気持ちが焦っていたことを言うつもりがなかったというか、言うことができない状況でしたが、医師らはすぐに乳房再建についての話をしていました。決断を迫られているように感じたので、その日に乳房再建を希望するかを決めました。医師らはある考えを持っていたかったと思います。なぜなら、2種類の手術を受けないといけなくて、時間にして映画館にいるくらいであると説明したからです。それは、「むしろすぐにでも手術を施行したい。」という感じですね。

先程も言ったとおり、私は完全に信頼を持ちましたし、私には今回化学療法等が必要だったと彼らが言った事実や、乳房再建を薦めていた事実がありました。当初、彼らがなんとなく心から私が望んだ人だったと、深く思いました。そして、もし医師がそれを勧めているならば、その時私は本当に、それが私が受けるべきものだと感じました。だから、乳房再建を受けますと私は言いました。

私は本当に、あまり詳細に乳房再建について調べていませんでした。私はただよく考えただけで、よく知りませんでした。そういえば彼らは私にいくつか写真を見せてくれました。そして、「これがまさに私が欲しかったこと。」とはなんとなく思いませんでしたが、同時に、「もし私が乳房再建を受けたら、少なくとも服を着た時、それは、すべてが普通に見える。」とも思いました。

最終的に乳房再建をしようと決めた理由は、私が今乳房再建を受けなかったら?と考えたから、そしてもし私が今それを受けたら、彼らが現在の多くの皮膚を保持すると説明しているからです。一方で手術後にはやらなければいけないことが少しあるかもしれませんでした。そして、「もし私が今受けなかったら、たとえ私が本当に不幸だとしても、かなり過激な手術を再度経験することを選択するだろうか?」と私は考えました。そして私が選択するか私にはわかりませんでした。それで、そのことが結局、私に再建することを決断させました。

そして、彼らは私に、失敗する可能性があること、乳房再建には本当に良い血液供給が必要であることを説明しました。なぜなら、私には背中からぐるりと引っ張ってきたものがあったからです。そして、彼らは、本当に良い血液供給が必要だと言いました。だから、彼らは失敗することもあるのです。でも私は、「いや、私たちはそのような事を受けてみよう」と思いました。

「語ってくれてありがとう!」と思ったらこちらをクリック →

あなたのひと言をどうぞ → ひと言