診断時:30歳
インタビュー時:49歳

1982年に乳がんの診断。乳房切除術、放射線療法。2000年に非浸潤性乳管がんの診断。再び乳房切除術。

語りの内容(テキストのみ)

腕のリンパ液は、きちんと排出できないと、腕にむくみを生じる恐れがあり、むくみのない状態に戻ることはありません。そのため、一生涯続く問題をかかえることになります。というのは、リンパ管がいったん腫れてしまうと元には戻らないからです。
だから、腕の状態を見て適切な管理をすることや、病院で教えてもらった運動療法を用いてむくみを解消することがとても大事です。適切な方法を知らない人からマッサージを受けるのはいけません、というのは、過度のマッサージをしたり、間違ったところや間違った方法で揉むと、リンパのむくみを起こします。そういった状態のことをリンパ浮腫といいます。
それと、きついブレスレットやアームバンドを着けるのもいけません。また、感染に注意を払うことがとても大切です。ガーデニングには気をつけてください。私は、実は、手袋をしないでガーデニングをすることが多いのですが、とても注意しています。もし切り傷をつくったら、傷のところを清潔に保つようにとても気をつけています。

私は: です。

(アンケート結果の扱いについては個人情報の取り扱いについてをご覧ください。)

認定 NPO 法人「健康と病いの語りディペックス・ジャパン」では、一緒に活動をしてくださる方
寄付という形で活動をご支援くださる方を常時大募集しています。

ご支援
ご協力ください

モジュール一覧