診断時:30歳
インタビュー時:49歳

1982年に乳がんの診断。乳房切除術、放射線療法。2000年に非浸潤性乳管がんの診断。再び乳房切除術。

語りの内容(テキストのみ)

私はタモキシフェンを服用したことがありません。私が最初に治療を受けた頃は、タモキシフェンはまだ新薬としえ売り出されたばかりでしたから。去年タモキシフェンをすすめられましたけれど、これまでもタモキシフェンを飲まなくても生きのびてきましたし、最初のガンがエストロゲン受容体に感受性があるかどうかについても検査を受けていなかったからです。いずれにしてもこれまで生き伸びてきましたので、タモキシフェンの服用は断りました。

私は: です。

(アンケート結果の扱いについては個人情報の取り扱いについてをご覧ください。)

認定 NPO 法人「健康と病いの語りディペックス・ジャパン」では、一緒に活動をしてくださる方
寄付という形で活動をご支援くださる方を常時大募集しています。

ご支援
ご協力ください

モジュール一覧