※写真をクリックすると、動画の再生が始まります。

診断時:35歳
インタビュー時:46歳(2009年5月)

四国地方在住。1996年9月、授乳中に右乳がんが見つかり、右乳房切除術を受ける。3年後にリンパ節に転移したため、リンパ節切除術を受け、その3年後に肝臓に転移したが、抗がん剤治療、ホルモン療法を続けてきたことで現在、病状は安定している。 診断時、夫、子ども2人、姑の5人暮らし。現在も教員として勤務を続けている。

で、あのー、娘ができて、最初、ほのー、息子のときもそうだったっていうことも、もう丸っきり忘れていたんですが、うーんと…、娘がお誕生日も近いし、もうあと1~2ヶ月で職場も復帰しなければいけないからっていうころ、まあ、10ヶ月を過ぎていたころだと思うんですけど、そのころから、あのー、右のお乳は出にくいな、もうはっきりと、吸うても吸うても出よらんなっていうことが気になるようになりました。で、こう、触っていくと、何かぽつんとあるような気はするんですが、それがどっかお乳の乳腺が詰まって、そこにお乳がたまっている、しこりができていると私は勝手に思っていました。で、娘もそうやって出にくいのは分かっていても、右のほうばっかり好んで吸うので、左のほうを吸わせると、お乳にむせて吸いにくいっていうようなことがありまして、もう右ばっかり吸うので、まあ、詰まり…、詰まってはいても、娘にとってはこっちがいいんだろうっていうことで。娘が好むから気にならないっていうような状況がありました。
で、もう8月ぐらい、9月のお誕生日の子ですから、8月ぐらいにもうお乳をやるのを極力控えよう、夜だけにしようと思ってしていくと、左のあの溢れるようなお乳が自然に止まってくるの…、くるんです。出にくくなってきていたんです。で、夜だけはもう、あのー、お乳を作って飲ませるのが面倒かったので、あのー、飲みたいと言うてきたら、そのままお乳を吸わすっていうようなことをしていましたが、右のほうのあのぽつんと詰まったような、柵ができたようなところがいつまでもあります。で、ちょっと気になって家族に話すと、「それ、ちょっとやっぱりおかしいんでないか」と。「ほれ、乳腺が詰まってるったって、いつまでも」、おばあちゃんも「それはおかしいんでないかな」って。「詰まっても、あのー、断乳していると自然になくなっていくもんやし、そんなんがあるっておかしいよ」って言われて、「病院、1回行ったら?」と言われたんやけど、あんまり、私自身はそう深刻に受け止めてなくて。で、乳がんっていうほうに知識もあんまりなかったので。
というのも、子ども2人母乳で育ててたら、絶対そんなん(乳がん)はないと思い込んでいたところがあって。うん。でも、あんまりおかしい。完全に断乳してしまって、職場復帰も果たして、娘のお誕生日も過ぎたのに、まだある。おかしいなと思って、娘の健診と一緒に産婦人科の先生に相談したように覚えています。

私は: です。

(アンケート結果の扱いについては個人情報の取り扱いについてをご覧ください。)

認定 NPO 法人「健康と病いの語りディペックス・ジャパン」では、一緒に活動をしてくださる方
寄付という形で活動をご支援くださる方を常時大募集しています。

ご支援
ご協力ください

モジュール一覧