インタビュー内容テキスト

ただ、私の頭の中にあったのは、そのー、詰まっていたと思っていた乳房、あの、お乳が詰まっていると思っていたそのおっぱい、娘が好んで飲んでいたおっぱいががんだったっていうことで、悪性のがんだったっていうことで、娘への影響はどうなるんだろうかなって、それが非常につらかったし、まあ、私だけでなくて娘のほうにうつるっていうんではないんですけど、何か影響が出てくるんではないかなと、それが非常に心配でした。ただ、なぜか知らないんですけど、このことを先生に質問することがなかなかできなかったことは覚えております。で、後のほうになるんですけど、先生に「これ、大丈夫なんでしょうか。娘は大丈夫なんでしょうか」って質問したときに、まあ、そんなんは影響ないと。ただ、影響があるのは、体質が母親に似ているということで、将来、そういうことがあり得る可能性はあるけど、あのー、がんのお乳をずっと飲んでいたからといって、そんな影響はないとはっきり言ってくださったので、ほっとしたことを覚えています。

「語ってくれてありがとう!」と思ったらこちらをクリック →

あなたのひと言をどうぞ → ひと言