※写真をクリックすると、動画の再生が始まります。

プロフィール

インタビュー48

診断時:35歳
インタビュー時:46歳(2009年5月)
四国地方在住。1996年9月、授乳中に右乳がんが見つかり、右乳房切除術を受ける。3年後にリンパ節に転移したため、リンパ節切除術を受け、その3年後に肝臓に転移したが、抗がん剤治療、ホルモン療法を続けてきたことで現在、病状は安定している。 診断時、夫、子ども2人、姑の5人暮らし。現在も教員として勤務を続けている。

詳しいプロフィールを見る

結婚した当初から、夫が四つ上っていうことがあって、よく冗談で言ってたのが、「自分が先逝く」と。「だから、あとは頼むよ」っていうようなことを結婚当初からよく言ってたんです。それはもう単純に、まあ、「ほこまで頑張って一緒にやっていこうな」っていう気持ちとか、あのー、「平均余命は男のほうが短いんだから」とか、そういうところでの単純な話だったんですけど。うーん、ほれに、まあ、定年も夫のほうが早いから、「あとは食べさせてよ」みたいなね(笑)、そういう話なんかもしてたんですけどね。この病気が分かってからは、単純にそういう話ができなくなりましたよね。で、夫が前と同じような調子で言うと、深刻に受け止めたらいけないと思うんですけど、まあ、私のほうが先には逝くだろうと、どっかにそういう思いがあって…。
もうこの病気になった時点で、いつお父さんにすべてを頼まなんだらいかんかもしれん。ほういう思いが常にできました。
で、夫とはまだ、やはり時々、夫ももうあと10年で退職っていうような年齢になってきて、冗談半分で同じように、結婚した当初と同じようにね、私がこんな病気しとるからやいうんでなしに、あのー、どっちが先に逝くか分からんし、年齢からいうと自分なんだからって、医学の発達を信じて、私が長生きできるっていうのが分かってるっていうようなニュアンスで言ってくれるんですけど、「ほやけん、頼むよ」って。でも、やはりほれには、私自身の気持ちが言葉には出さなくても、ちょっと応えきれないなって。そうはいかんだろうなってどっか考えてる自分が必ずいるんですよね。

「語ってくれてありがとう!」と思ったらこちらをクリック

あなたのひと言をどうぞ

私は: です。

(アンケート結果の扱いについては個人情報の取り扱いについてをご覧ください。)

array(1) { [0]=> object(WP_Term)#12187 (17) { ["term_id"]=> int(37) ["name"]=> string(36) "家族の思い・家族への思い" ["slug"]=> string(6) "kazoku" ["term_group"]=> int(0) ["term_taxonomy_id"]=> int(37) ["taxonomy"]=> string(8) "category" ["description"]=> string(0) "" ["parent"]=> int(12) ["count"]=> int(42) ["filter"]=> string(3) "raw" ["term_order"]=> string(1) "4" ["cat_ID"]=> int(37) ["category_count"]=> int(42) ["category_description"]=> string(0) "" ["cat_name"]=> string(36) "家族の思い・家族への思い" ["category_nicename"]=> string(6) "kazoku" ["category_parent"]=> int(12) } }
同じテーマの語りを見る