※写真をクリックすると、動画の再生が始まります。

診断時:42歳
インタビュー時:42歳(2008年8月)

首都圏在住。2006年秋、自分で異常を発見。2007年夏、左乳がんを診断され、乳房温存術のあと、ホルモン剤内服を開始。現在、化学療法の最終クールを受けている。独身で両親と3人暮らし。治療のため、派遣先の会社を退職したが、来月から新しい派遣先で仕事を再開する予定である。

で、手術をした時に、私がどうしてもリンパ浮腫がすごく気になって、最初に病院の先生からは「リンパ郭清(かくせい)、(がんができた)場所があまり良くないので郭清した方がいい」というふうに言われたんですけれども、聞いた時に、すぐ、リンパ浮腫のリスクがどのぐらいあるのかというのと、それから、その辺の、アフターケアといいますか、メンテナンスはここの切った病院でできるのかというのと、あと、同時にその自分が通える圏内でメンテナンスを行っている病院があるかというのを調べたんですね。で、うまいことちょっと見つからなかったので、で、実際にちょっと浮腫が起きた方っていうのを個人的に知っていまして、すごく大変だというのがちょっと分かってたので、そういうふうには絶対にちょっと、なりたくないというのと、あと、そのリハビリとかの、切った後の浮腫のメンテナンスが確立していないのに取ってしまうのはすごく納得がいかなくて、で、「取らないでください」というふうに、「もう一切触らないでください」というふうに(笑)、先生にお願いをしまして。
で、一応その「取らないでください」と言った時も、「取った方が格段にリスクは、がんの再発とか、転移とかのリスクは下がります」っていうふうに説明をされたんですけれども、どうしてもその時にちょっと取るっていうのを踏み切れなくてですね、「取りあえず取らないでください」というふうにお話をして、「取るんであれば、もう移ってから(転移してから)、移ってしまっているとか、あるいは再発してしまっているとか、そういうふうになってから、申し訳ないですけど、ちょっと取ってもらうことはできませんか」というふうに言いまして。で、全く取らないままで手術は終わってしまったんですけど。

私は: です。

(アンケート結果の扱いについては個人情報の取り扱いについてをご覧ください。)

認定 NPO 法人「健康と病いの語りディペックス・ジャパン」では、一緒に活動をしてくださる方
寄付という形で活動をご支援くださる方を常時大募集しています。

ご支援
ご協力ください

モジュール一覧