※写真をクリックすると、動画の再生が始まります。

プロフィール

インタビュー27

診断時:42歳
インタビュー時:42歳(2008年8月)
首都圏在住。2006年秋、自分で異常を発見。2007年夏、左乳がんを診断され、乳房温存術のあと、ホルモン剤内服を開始。現在、化学療法の最終クールを受けている。独身で両親と3人暮らし。治療のため、派遣先の会社を退職したが、来月から新しい派遣先で仕事を再開する予定である。

詳しいプロフィールを見る

切る前に、外科の執刀医の先生が、あの、4分の1取ると、どうしてもこう、普通に取ったら凹んでしまうので、一応手術をする時には、なるべくこう寄せて目立たないような形にはするというふうにおっしゃっていただいていたので。で、あまりそういったところで、具体的にどうなるっていうイメージが自分でも全然湧かなくて。ただ、切った直後ですから、どうしても肉がこう寄ってなかったんですよね。翌日はもう切って本当にすぐですから。で、思いっきりこう、ちょっと凹んでいる感じになっていたので、ああ、こうなっちゃうんだっていうのがまず1つと。
で、ただ、一応先生はそれでも、「ちょっと落ち着いてくれば、傷口が落ち着いてくれば、だんだんあまり目立たなくなってくるよ」って、「肉が上がってくるので」っておっしゃってたので、しばらくちょっと、あのう、傷口が凹んでいる、まあ4分の1ないんだーっていうところだったんですけれども、やっぱりそのおっしゃっていたように、だいぶ経ってからですけど、3ヶ月ぐらい経ってから、すごく奇麗に上がってきて。
で、補整というのも最初はちょっと、考えたんですけど、パットを入れるですとか。うん、実際にその、今、してるかというと、今はしてないです。全くしてなくて、で、ちょっとこう、ワイヤーが入ったきっちりした下着をつけるので(笑)、もうそれで一応補整代わりということにして(笑)、自分としては納得しています、はい。

「語ってくれてありがとう!」と思ったらこちらをクリック

あなたのひと言をどうぞ

私は: です。

(アンケート結果の扱いについては個人情報の取り扱いについてをご覧ください。)

array(1) { [0]=> object(WP_Term)#12191 (17) { ["term_id"]=> int(20) ["name"]=> string(15) "乳房温存術" ["slug"]=> string(5) "onzon" ["term_group"]=> int(0) ["term_taxonomy_id"]=> int(20) ["taxonomy"]=> string(8) "category" ["description"]=> string(0) "" ["parent"]=> int(10) ["count"]=> int(20) ["filter"]=> string(3) "raw" ["term_order"]=> string(1) "0" ["cat_ID"]=> int(20) ["category_count"]=> int(20) ["category_description"]=> string(0) "" ["cat_name"]=> string(15) "乳房温存術" ["category_nicename"]=> string(5) "onzon" ["category_parent"]=> int(10) } }
同じテーマの語りを見る