※写真をクリックすると、動画の再生が始まります。

プロフィール

インタビュー27

診断時:42歳
インタビュー時:42歳(2008年8月)
首都圏在住。2006年秋、自分で異常を発見。2007年夏、左乳がんを診断され、乳房温存術のあと、ホルモン剤内服を開始。現在、化学療法の最終クールを受けている。独身で両親と3人暮らし。治療のため、派遣先の会社を退職したが、来月から新しい派遣先で仕事を再開する予定である。

詳しいプロフィールを見る

がんの治療法が、ノーマルな治療法はこういうものだという考え方が多分あるような気がするんですけれど。例えば病気のことについて、ネットで調べていても、私の場合はそのリンパも取らなかったので、いきなり手術してからすぐ抗がん剤にいってしまったりですとか、ちょっとイレギュラーなもののような気がして、ものすごく不安だったんですね。治療中というか。
で、ただ、人によって、いろいろな人に乳がんにかかった、あるいは治療の経験がある方にお話を聞くと、その方の病状であったり、あるいは、検査の結果もそうですけど、人によって、その行く病院によっても違うし、その方によっても違うし、うん、治療法というのは実はそんなにノーマルなものっていうのは、あんまり気にする必要がないんじゃないかというふうに、ちょっと私はその時に、セカンド・オピニオンを受けた時点ではちょっと思いまして。うん。人それぞれの多分、がんの対処法というか、あるいは治療法というか、そういうものがあるので、あるからこそ、いろんな方が多分どうしたらいいか分からないなあという不安になったりとか、自分もそうでしたけれども、ノーマルな治療法から外れているんじゃないだろうかとか(笑)、すごくイレギュラーなところをやっているんじゃないかっていう不安が出てきちゃうんじゃないかなと思ったので、で、人それぞれだなと思うようになってからは、割と精神的に楽になりました。はい。

「語ってくれてありがとう!」と思ったらこちらをクリック

あなたのひと言をどうぞ

私は: です。

(アンケート結果の扱いについては個人情報の取り扱いについてをご覧ください。)

array(1) { [0]=> object(WP_Term)#12130 (17) { ["term_id"]=> int(18) ["name"]=> string(33) "治療法の選択・意思決定" ["slug"]=> string(10) "ishikettei" ["term_group"]=> int(0) ["term_taxonomy_id"]=> int(18) ["taxonomy"]=> string(8) "category" ["description"]=> string(0) "" ["parent"]=> int(9) ["count"]=> int(26) ["filter"]=> string(3) "raw" ["term_order"]=> string(1) "5" ["cat_ID"]=> int(18) ["category_count"]=> int(26) ["category_description"]=> string(0) "" ["cat_name"]=> string(33) "治療法の選択・意思決定" ["category_nicename"]=> string(10) "ishikettei" ["category_parent"]=> int(9) } }
同じテーマの語りを見る