※写真をクリックすると、動画の再生が始まります。

診断時:42歳
インタビュー時:42歳(2008年8月)

首都圏在住。2006年秋、自分で異常を発見。2007年夏、左乳がんを診断され、乳房温存術のあと、ホルモン剤内服を開始。現在、化学療法の最終クールを受けている。独身で両親と3人暮らし。治療のため、派遣先の会社を退職したが、来月から新しい派遣先で仕事を再開する予定である。

(セカンド・オピニオンを受けた)時期は、手術する前と、それから手術した後に抗がん剤の治療に入る前ですね。そうですね、2回ですね。で、それは、どちらも一応先生に、そのかかっている、切っていただいた先生、今、診ていただいている先生に、「他の先生の意見も聞きたいので」ということでお願いしまして。で、『切るにはどこで切ったらいいんだろう』っていう選択がまず1つと。それから、切った後に治療もしなければいけないと。『この治療法で、果たして自分は納得するのかなあ』っていうのがありまして、2回。ですから、やってみて、結局最終的に一番最初のところに戻るんですけれど、それはそれで、もうこの先生と、ずっとお付き合いというか、自分の病気に関してはもうお任せしてやっていこう、という覚悟がついて良かったと思っています。

私は: です。

(アンケート結果の扱いについては個人情報の取り扱いについてをご覧ください。)

認定 NPO 法人「健康と病いの語りディペックス・ジャパン」では、一緒に活動をしてくださる方
寄付という形で活動をご支援くださる方を常時大募集しています。

ご支援
ご協力ください

モジュール一覧