インタビュー内容テキスト

で、ホルモン療法が始まったんですが、もともと肝臓の機能が悪いんではなくて、弱かったみたいなので、昔から蕁麻疹とかが出やすかったりしたんですね。アレルギーとかが多くて。そのせいなのかもしれないんですけど、肝機能の数値が3、4倍に、1ヶ月フェアストンを飲んだら上がってしまって。で、お医者さまがもう1ヶ月でやめたんですね。投薬をやめたので、ホルモンの注射だけになったので、私としたら、リスクがどんどん大きくなっていって、抗がん剤も使わなかった。もうホルモン療法も半分だけしかできないみたいな、すごいそういう不安がずーっとあったんですけど。
で、家の近くに転院をしたんですが、その転院をしたところの先生が、ホルモン注射だけだったのを、「ホルモンの投薬も始めましょう」っていうことで、で、ホルモンの投薬を(再び)始めたら、やはり肝臓の数値が4倍ぐらいに、ちょっと落ち着いていたのが、4倍ぐらいに上がってしまって。で、まあ近くの病院で、肝臓、肝機能は診ていただいているので、そこの先生にご相談をして、毎日、強ミノの注射を打っているんですけれども、その「強ミノの注射の量を40から60に換えましょう」っておっしゃって、量を増やして。で、週に5回ですかね、毎日、まあ注射を打っている状態ですね。

「語ってくれてありがとう!」と思ったらこちらをクリック →

あなたのひと言をどうぞ → ひと言