※写真をクリックすると、動画の再生が始まります。

診断時:51歳
インタビュー時:53歳(2008年6月)

首都圏在住。2006年夏に左乳房温存術+リンパ節郭清術を受けた。術後、薬のアレルギー反応が起きて、1ヶ月間入院。その後、放射線治療を受ける。現在は、ホルモン療法による肝機能低下があり、肝臓の治療を続けながら、ホルモン療法を継続。成人した息子と2人暮らし。派遣社員で現在は無職。

あの、がんっていうと重くなっちゃうと思うんですけど。確かに私も一瞬は重くなったんですけど、まあ今の医療はとても進んでいるので、いろんなお薬もあるし、あの、本当にいいドクターに出会えれば、あの、そんなに私みたいに悩むことはないと思うので、何しろ質問したいことは質問して、あの、どうしても駄目だったら変えてもいいと思うんですね。私も変えたので、その変えるという勇気があればいいのかなと思いますね。あの、絶対その先生じゃなきゃいけないっていう、そう思わないでほしいっていうことはありますね。

私は: です。

(アンケート結果の扱いについては個人情報の取り扱いについてをご覧ください。)

認定 NPO 法人「健康と病いの語りディペックス・ジャパン」では、一緒に活動をしてくださる方
寄付という形で活動をご支援くださる方を常時大募集しています。

ご支援
ご協力ください

モジュール一覧