インタビュー内容テキスト

何かぼーっとしている感じですね、手が。何か、朝とか、多分皆さんそうだと思うんですけど、起きてこう握ってみると、ちょっとぼーっとしている感じがあると思うんですけど、それがずうっと昼間もそんな感じで、あのう、指で押さえると戻ってこないみたいな感じですね。はい。で、やっぱりこれはむくんでいるんだなと思って。で、診察していただいて、リンパシンチっていう検査をしていただいて、これはまだ保険が利かないのかな。それも保険が利くようになるべきだなと思いますけどね。

――リンパシンチって、どんな検査なんでしょうかね。

はい。ああ、リンパシンチはね、指先に針を刺すんですね、針を刺してこう造影剤を入れるんですけど、それがすごい痛くて男の人でも何か大騒ぎするとか言われましたけど、私は痛みに強いので、2カ所かな、2本だったと思いますけど。で、右と左と比べるために患肢と患肢じゃないほうと両手を刺すので。で、両方全部を、それから、ああ、注射をしてから1時間か2時間後に戻って撮るのかな、こう体に回るようにしてというか。腕に回るようにして、そのリンパのところがどこまで行っているか。リンパ取っちゃっているところは行ってないので。で、それで見るっていう感じですね。

「語ってくれてありがとう!」と思ったらこちらをクリック →

あなたのひと言をどうぞ → ひと言