※写真をクリックすると、動画の再生が始まります。

プロフィール

インタビュー30

診断時:38歳
インタビュー時:42歳(2008年8月)
近畿地方在住。2004年1月に右胸のしこりを発見。8ヶ月ほど放置し、嚢胞(のうほう)が10cmを超えるまでに大きくなったため、受診。右乳がんを診断された。乳房温存手術のみを実施。術後は無治療で、定期検診しながら、現在に至る。事務職の派遣社員で、夫と2人暮らし。子どもはいない。術後、仕事に復帰している。

詳しいプロフィールを見る

で、リンパも、「じゃあ先生、あの、もし浸潤していない可能性が大きいならば、リンパも触らないでもらえますか?」って言ったんですね。で、あの、「センチネルリンパ節生検っていう方法もあるんだよ」って言われて、あ、それも勉強してわかってたので、「あ、それもいいんかな?」って言われたんで、「あ、先生すいません、それもやめてください」って言ったんですね。で、それをやめてほしいって言った理由は、やっぱりリンパを触ることで、あとで、リンパ浮腫っていう、後遺症が残ることがあるんですね。で、センチネルリンパ節生検っていうのも調べたときに、まったくゼロじゃないっていう数字を見つけたんですね。ゼロに近いんだけれども、1%から3%の後遺症が残る可能性があるっていう、あの、文章を見つけたんですね。で、それだったらば、やっぱり私は、とにかく目標として、もとの生活に戻るっていうのを、一番の目標にしてたんで、後遺症が出たんだったらば、もう話にならないと思って、「先生やめてください」って言ったんですね。そしたら先生も、あ、今の状態だったら、ま、画像で見るだけなんで、ほんと先生もはっきりしたことは言えないんだけども、まあ術前の説明で最悪がん細胞が、あの、ちょっと悪性度の強いものだったら、今回は残すけども、再手術して最悪右胸全摘、リンパ節も取るよっていう条件で、まあそういう手術に、じゃあリンパ節はまったく触らないということで、じゃあ今回はそうしましょうということで、お話がついてたんですね。

「語ってくれてありがとう!」と思ったらこちらをクリック

あなたのひと言をどうぞ

私は: です。

(アンケート結果の扱いについては個人情報の取り扱いについてをご覧ください。)

array(1) { [0]=> object(WP_Term)#12192 (17) { ["term_id"]=> int(22) ["name"]=> string(42) "リンパ節郭清とセンチネル生検" ["slug"]=> string(7) "kakusei" ["term_group"]=> int(0) ["term_taxonomy_id"]=> int(22) ["taxonomy"]=> string(8) "category" ["description"]=> string(0) "" ["parent"]=> int(10) ["count"]=> int(6) ["filter"]=> string(3) "raw" ["term_order"]=> string(1) "2" ["cat_ID"]=> int(22) ["category_count"]=> int(6) ["category_description"]=> string(0) "" ["cat_name"]=> string(42) "リンパ節郭清とセンチネル生検" ["category_nicename"]=> string(7) "kakusei" ["category_parent"]=> int(10) } }
同じテーマの語りを見る