※写真をクリックすると、動画の再生が始まります。

診断時:38歳
インタビュー時:42歳(2008年8月)

近畿地方在住。2004年1月に右胸のしこりを発見。8ヶ月ほど放置し、嚢胞(のうほう)が10cmを超えるまでに大きくなったため、受診。右乳がんを診断された。乳房温存手術のみを実施。術後は無治療で、定期検診しながら、現在に至る。事務職の派遣社員で、夫と2人暮らし。子どもはいない。術後、仕事に復帰している。

たまたま、悪性のものじゃないだろうと、言われてた期間から、自分自身では乳がんじゃないかと疑いを持ってたんで、いろいろと本は見てたんですね。で、よく今、流行りのランキング本だとか書店に並んでますよね。私あれを全部信じるわけじゃないんですけども、そのときに見たときに、乳腺の専門医がここの病院にいるっていう本をいろいろ見てたときに、たまたま、その近くの病院で、今の主治医の先生がいる病院がいたんですね。で、なんで今の病院にしたかっていうと、その先生自身のことは私、実はあまりよく知らなかったんですね。ただ噂でなんかいいよーみたいな感じとか、聞いてたんですよね。でも人がいいって言っても私自身がいいかどうかわからないという気持ちはあったんですけど、病院自体が外科の分野で結構いいっていう噂は、実は昔から聞いていたんですね。じゃあその外科分野がいいなら乳腺外科もいいだろうっていうことで見つけていって、まあ、たまたま今の主治医の名前がよくいろんな本とかインターネットにあがってたんで、それでちょっと行ってみようかなっていう感じで、はい、今の主治医のところに行ったんですけれども、はい。

私は: です。

(アンケート結果の扱いについては個人情報の取り扱いについてをご覧ください。)

認定 NPO 法人「健康と病いの語りディペックス・ジャパン」では、一緒に活動をしてくださる方
寄付という形で活動をご支援くださる方を常時大募集しています。

ご支援
ご協力ください

モジュール一覧