インタビュー内容テキスト

告知を受けた本人っていうのは、確かにショックもあります。でも日が経てば受け入れることが必ずできるんですよね。自分のことなんで、自分の気持ちは必ずコントロールできます。でも親にすれば、子どものことだし、やっぱり子が先になったということで、そのショックもあるし、体の状態もわからないんですね。しんどいんだろうか、いや大丈夫なんだろうかと。でもやはり母は先に、母からすればその祖母を亡くしてるんで、多分がん=(イコール)死っていうことがすごく頭をよぎったと思うんですね。おまけに母は父もがんで亡くしてるんですね。なのでもう、親にすれば私のほんとに何万倍もショックを受けていると思ったんですね。とりあえず、なんか私のほうがちょっと早く家に帰りたくなってしまって、ちょっと母1人を残すのもちょっと心配だったんですね。一晩母どうすんだろう、今日…と思いつつ、でも電話するのも、ちょっとなんか家に帰って電話しづらいしなと思って、悪いけどちょっともう、そっとしとこうって思ったんですね。
 で、それから少し経って、家とかにも行ってたんですけども、父はほんとに言葉には何も出さないんですけども、目が、私がいろいろ言っている間に、目が(笑)うっすらこう涙目になってるんですね。男親だし、その、泣けないっていうのもあるんですね。で、母親はもうちょっと涙目になって、涙を半分浮かべてるんですね。でも私自身は気はしっかりしてて、もうそんな泣いてる場合じゃないんで、あの、いろいろ話をしてたんですね。でも父が私の顔を直視できないんですよ。で、ちょっとたまたま父は体調を崩していて寝込んでたんで、私の顔を見ずに、もうちょっとしんどいから寝てるんだよって感じで、でもわかるんですよ。聞くのが辛いから顔をこっちに向けられないんだって。なんか様子からして絶対父泣いているんだって、思ったんですね。

「語ってくれてありがとう!」と思ったらこちらをクリック →

あなたのひと言をどうぞ → ひと言