インタビュー内容テキスト

もし1%でもそれでがんが小さくなるんだったら、温存できるかもしれないと思って、そこで主治医に「すみません、先生実は、やりたいことがあるんです」ってお話したんですね。「何かな?」って言われて。まあ当時メシマコブっていう、アガリクスとはまたちょっと違う、ま、同じきのこの種類なんですけども、それを服用することによってちょっとがんが小さくなったとか、そういう話を体験談として聞いてたんですよね。「ちょっと試したいんで、すみませんけど、いいですか?」って言ったんですよね。
でも主治医は西洋医学専門で、何の根拠もないそういうものを使われるっていうのは、やっぱり医師としても…もしかしたらやっぱ悪くなる可能性があるんですよね。でも、私1月にしこりを発見して9月の末に病院に行きました。で、がん告知をはっきり受けたのが10月でした。もうその時点で10ヶ月という年月、あの、月日が経っているんですね。で、しこりももちろん大きくなってます。その間に嚢胞もすごく大きくなって、もう胸と言えるものじゃなかったんですね。でも諦めきれずに代替療法を希望しました。
そしたら、先生は「じゃあいいよ、ただし1ヶ月だけにして」って言われたんですね。で、やはりその先生はベテランの先生で、すごく多くの患者さんを診られてて、もちろん治療も、ちゃんとあの、科学的根拠に基づいた治療をなさる先生だったんですね。やっぱり医師としての経験もすごくおありなので、やっぱり見た目と画像で判断されて、その限界をたぶん、先生はこの辺がたぶん限界だろうっていうのをお感じになってたと思うんですね。そこで1ヶ月という期限を区切られて、「1ヶ月は、じゃあ待ちましょう。でもそれ以上はやめたほうがいいよ」って。「とにかく手術は年内にしたほうがいい」っていうことで、言われました。
で、やり始めたんですけども、そこから2週間経って、またその嚢胞がいきなり大きくなったんですよ。で、10cmのものがまたちょっと一回りぐらい大きくなって、もう私はこれはやばいと思って、予約なしで先生のところに駆け込みました。で、「先生、すみません。もうちょっとなんかとんでもないことになって…」っていうことで、診察をしていただいて、まあ、下着を取った途端先生が、「あっ」ていう顔をされて、「また大きくなったんじゃない? その嚢胞」って言われまして、「そうなんですよ」って。
ほんとに恐くなっちゃって、「すいません先生、もう手術、受けたいんで、とりあえずもう(予約を)入れてください」って言ったんですね。そしたら先生が「もう、そうよね」っていうことで、あの、「はっきり手術日は今は言えないけど、まあ大体12月ぐらいだと思ってて」っていうことで、とにかくあの、入れてもらったんですね、(予約の)順番のなかに。で、帰りました、とりあえず。

「語ってくれてありがとう!」と思ったらこちらをクリック →

あなたのひと言をどうぞ → ひと言