※写真をクリックすると、動画の再生が始まります。

診断時:38歳
インタビュー時:42歳(2008年8月)

近畿地方在住。2004年1月に右胸のしこりを発見。8ヶ月ほど放置し、嚢胞(のうほう)が10cmを超えるまでに大きくなったため、受診。右乳がんを診断された。乳房温存手術のみを実施。術後は無治療で、定期検診しながら、現在に至る。事務職の派遣社員で、夫と2人暮らし。子どもはいない。術後、仕事に復帰している。

で、もう、えっ!?ていう感じで、私は良性だとばっかり思ってたんで、「がん」だってはっきり言われて、ほんとに頭の中が真っ白になったんですね。で、よく体験談の方、体験談でよく聞かれる言葉で、「がん」って言われて「ガ-ン」と来たって、よく聞かれるんですけれども、本当にまったくおんなじようになりまして、「がん」っていう言葉に対して、ほんとに頭の中を「ガン」って言葉がよぎったんですね。で、一瞬思考能力をなくしました。
でも、話は聞かないといけないし、よく「がん」っていう言葉で皆さん、イコール死ってことを連想すると思うんですけれども、なぜか私の場合は死ではなくって、やはり乳房ということで、切除されたらボディダメージが大きいと思いまして、そちらのほうにかなり神経が行ったんですね。
で、やっぱりショックだったんですね。命どうこうじゃなくって、乳房をやっぱり切除されるってことはやっぱり女性にとって、やっぱりちょっとでも傷が付くっていうこと自体もショックだと思うんですけど、なくなること自体想像が付かないんですね。でもやっぱり乳がんが少し増えてるっていうことで、本や何かで実際に切除された方の映像だとか写真を見たことがあるんですけれども、やっぱりその写真が頭をよぎりまして、やっぱり受け入れられなかったんですね、そのときは。

私は: です。

(アンケート結果の扱いについては個人情報の取り扱いについてをご覧ください。)

認定 NPO 法人「健康と病いの語りディペックス・ジャパン」では、一緒に活動をしてくださる方
寄付という形で活動をご支援くださる方を常時大募集しています。

ご支援
ご協力ください

モジュール一覧