※写真をクリックすると、動画の再生が始まります。

診断時:38歳
インタビュー時:42歳(2008年8月)

近畿地方在住。2004年1月に右胸のしこりを発見。8ヶ月ほど放置し、嚢胞(のうほう)が10cmを超えるまでに大きくなったため、受診。右乳がんを診断された。乳房温存手術のみを実施。術後は無治療で、定期検診しながら、現在に至る。事務職の派遣社員で、夫と2人暮らし。子どもはいない。術後、仕事に復帰している。

で、一旦はそのがんっていうことは一応は受け止めて、受け入れてるんですけれども、ショックっていうものよりも今度はだんだん腹立たしさが襲ってきたんですね。で、それは何に対してかって言えば、やはりなんで自分ががんに、それもすごくボディダメージを受ける乳がんにならないといけないんだ、ならなければ私は今でも全然普通に、普通の生活をしている。で、おまけにやっぱり経済的なことも出てきますよね。お金もかかるし、仕事も復帰できるかどうかわからない。で、おまけに治療もどれだけしないといけないかわからないので、お金はかかるのに自分自身の収入がなくなる。まあ私は幸運なことに、主人がおりましたので、生活の面ではそんなに困るということはないんですけども、やっぱりちょっと出費、それも治療にすごくお金がかかるとなると、やっぱり、かなり負担も大きいし、その先が見えないんですよね。そうなると不安も襲ってきますし、なんかがんに対して腹が立ってくるんですよね。
でも当たるところがないんですよ。どこに当たったらいいかわからなくて、で、こう、それも突然襲ってくるんですよ。普通に何かをしていて、急に頭をこう、「がん」というものがよぎって、急に腹が立つんですね。で、当たるところとかがないんで、掃除とかしているともう、物に当たるしかないんですね。一番被害を受けたのが掃除機で(笑)、もう掃除機を蹴ったり、一番ひどいときは、2階から掃除機、蹴飛ばしました(笑)。

私は: です。

(アンケート結果の扱いについては個人情報の取り扱いについてをご覧ください。)

認定 NPO 法人「健康と病いの語りディペックス・ジャパン」では、一緒に活動をしてくださる方
寄付という形で活動をご支援くださる方を常時大募集しています。

ご支援
ご協力ください

モジュール一覧