※写真をクリックすると、動画の再生が始まります。

プロフィール

インタビュー24

診断時:47歳
インタビュー時:54歳(2008年7月)
北海道内で夫と2人暮らし。2001年にⅣ期の乳がんと診断された。3年ほど前からしこりに気づいていたが、当時夫が悪性リンパ腫の闘病中だったこともあり、病院に行く勇気がなく、放置。受診時には既に胸が陥没し、痛みも強かった。手術はせずに抗がん剤治療とホルモン療法(2003年に両卵巣摘出)を受けた。

詳しいプロフィールを見る

抗がん剤でつらかったのは、やはり強い薬からやり始めるそうなので、私は薬に大変敏感なほうらしいんです。それで、やり始めて8時間たつと、もう体にサインが来るんですね。吐き気とか熱とかっていう、まあ、熱は出ましたけれども、嘔吐とかっていう苦しみはないんですが、何ともいえないもうろうとしてきて。ティッシュペーパーの箱の周りに、レースのカバーをかけてたんですが、そのレースが波を打っているように見えたり、そのレースの縁取りに虫がはっているように見えたり、そういう状態が続き、それがとっても怖くて、もう鳥肌が立つぐらい、怖くて怖くてしょうがなかったことを思い出します。
あとは、抗がん剤やってたとき、とってもつらかったのは、3日間だけなんですね。3日間だけ丸まって、それこそ赤ちゃんがお母さんのおなかの中にいる、羊水にいるような形で丸まって、トイレに行くだけ、行くだけしか、動けない。それすらも苦痛なんですけど、行かないわけにはいかないから用を足しにいく。そしたら、また帰ってきて、もうとにかく眠り姫っていわれるぐらい、もう寝てばっかりいるんですけど、寝てはいないんです。眠っているように見えるんだけど、みんなの動き、全部解っているんです。ものすごい疲れなんです。

「語ってくれてありがとう!」と思ったらこちらをクリック

あなたのひと言をどうぞ

私は: です。

(アンケート結果の扱いについては個人情報の取り扱いについてをご覧ください。)

array(1) { [0]=> object(WP_Term)#12189 (17) { ["term_id"]=> int(26) ["name"]=> string(39) "抗がん剤・分子標的薬の治療" ["slug"]=> string(9) "kouganzai" ["term_group"]=> int(0) ["term_taxonomy_id"]=> int(26) ["taxonomy"]=> string(8) "category" ["description"]=> string(0) "" ["parent"]=> int(10) ["count"]=> int(33) ["filter"]=> string(3) "raw" ["term_order"]=> string(1) "6" ["cat_ID"]=> int(26) ["category_count"]=> int(33) ["category_description"]=> string(0) "" ["cat_name"]=> string(39) "抗がん剤・分子標的薬の治療" ["category_nicename"]=> string(9) "kouganzai" ["category_parent"]=> int(10) } }
同じテーマの語りを見る