インタビュー内容テキスト

えーと、最初に診ていただいたときには、2.6っていうお話だったんですね。2.6センチ。まあ、わたしの胸の大きさからすると、2.6センチは非常に大きくって。まあ、ほかの方は、すごく大きな、しこりになっている方もいらっしゃるんですけど、わたしはなぜ気がつかなかったかというと、わたしの何か乳がんは、乳頭に向かってできていたのではなく、肺に向かってできていたそうなんですね。だから、乳房のかたちに沿って、がんがきれいにできていたので、違和感がなかった、ない時間がこれだけ続いたんだろうっておっしゃっていたので。ですから、あの、筋肉も少し取っているんですね。うーん、ですから、こう、表面に、乳頭に向かってできている人が温存で取っている量より少し大きい量を、奥に向かって取っている状態で。

――そうすると、その傷は結構広がった感じにはなっているんですか?

はい、水がたまるぐらいやっぱりちょっとくぼんでいるんですね。うーん、ですけど、何か、その傷を見ていると、何か病気のことを忘れないでいられるので、普通、何か皆さん忘れたいっておっしゃるんですけど、この病気があったから、今の自分があるので、病気を絶対忘れないためには、この傷はなければならないもんで、わたしにとっては。うん、なので、もちろん、あの、今、…IPS細胞っていうんですか、何か新しい細胞ができてきて、その細胞を埋め込めば、たぶん、そこからまたね、あのー、できてくるなんていう医療が進んでいるようですけど。ここに何かを、あの、乳房の再建とかっていう話とかもありましけど、わたしは、再建はしないままにいこうかなって、やはり思っています。だから、今もくぼんだ状態、ですね。はい。

「語ってくれてありがとう!」と思ったらこちらをクリック →

あなたのひと言をどうぞ → ひと言