インタビュー内容テキスト

現在も、リュープリンを打っていますけど、大体、1回打つと3万ぐらいかかるので、それもやっぱり医療費として結構大変ですけれど、生きていくためには仕方がないんだよねって、よく、周りの人とは話をしているんですけど。やはり、新しい薬が出たら、新しい薬を使いたいっていう気持ちもあるじゃないですか。で、認可が下りていない薬は、使いたいと思っても、輸入してすごくお金がかかって取り寄せても、それを打ってくれる先生を探すことも大変だし。その中で亡くなっていった友人がいるんですね。だから、やっぱり、そういうことを考えると、乳腺の場合は、比較的、治療法とか、薬も多いので、あの、何ていうんでしょう。お金はとてもかかりますけれども、大変だけれど、命をつないでいくためには、何とかしなければいけないんだなということをちょっと感じています。
だから、できれば、もう少し――確かにがんの患者さん、非常に多いんですけれども、(また)予防に対して、すごく国が力を入れてくれているのも分かっているんですけれど――(がんに)なってしまった患者さんには、手を、何か、差し伸べてはくれないんだろうかということは、わたしの中で――ちょっと何ていうんでしょう――憤りというか、わだかまりっていうか、あるんですけれど。何か、やっぱり、わたしたちの年代の人ががんになるっていうことは、自分たちの、家族を犠牲にする部分っていうのはあると思うんですね、その、経済的に。そういう部分を考えると、何らかの方法があればなということは感じるし、まあ、わたしの場合は、幸い、夫と2人なので、そういう点では、何とかやっていけますけれども。本当にお金がかかると思うので、通院するにもお金がかかるし、薬代がすごくかかるので。
抗がん剤もね、値段もしますから。特にあの、抗体療法と言って、乳がんの場合ハーセプチンをしている人は、とても高額で、大変だっていうお話を聞くので、やはり、できれば、ほんとに経済的な何か、国のね、支援なんかができてくると、基金でもいいから作ってくれると、とても、うれしいなということは感じます。

「語ってくれてありがとう!」と思ったらこちらをクリック →

あなたのひと言をどうぞ → ひと言