インタビュー内容テキスト

その後、まあ、あの、傷口が落ち着いたあとに、わたしは、放射線治療を、したんですね。で、放射線治療も、一応、25回、50グレイやったんですけど。それで、追加照射もなく、普通に、まあ、50で終わったんですが。わたしは、皮膚が少し、弱くて、放射線を照射したときに、照射したかたちに、ものすごい日焼けというか、黒くなってしまって、それが、ちょっとただれてしまったんですね。で、そのときに、やっぱり、乳房の色に合わせてこう焼けてくるので、非常にもう痛くて痛くて、もう、放射線をやるたびにもう涙が出て、そのまま、その足で家まで帰ってしまおうと思うぐらい――わたしは、入院して治療を受けたんですけど――ひどかったですね。
それで、毎回看護師さんに、冷やしていただいて、それで、下着もつけられない状態でしたから、それを見かねた、がんのお友達のそのまたお友達が、がん友さんのお友達なんですが、下着を作ってくれたんです。胸が、こう当たらない下着ですね。それを、その2枚作ってくださって、それをつけながら、放射線治療に通って。そして、やっぱり、さらにただれてきちゃうんですけど、「やめる? どうする? やめる?」って先生に言われたんですが、でも、やっぱり、ちょっと不安なので、「やります」っていうことで、やりとおしたんですが。そのときに、先生から、ステロイドを出していただいたんですが。ステロイドの塗り方をものすごく丁寧に教えていただいて。あの、乳房のところを、指でこう広げて、きれいにその間に塗るんですね。で、そうすることで、乳房が平らになるので、照射が当たるところが痛くないっていうことで、先生に教えていただいたんですね。で、それを、「ちょっと量が多いんだけど、朝晩塗ってごらん」って言われて。で、塗って、照射する前にもまた塗って。そうしましたら痛みが消えてきたんです。だから、やっぱり、先生に伺ってよかったなと思って。

「語ってくれてありがとう!」と思ったらこちらをクリック →

あなたのひと言をどうぞ → ひと言