インタビュー内容テキスト

体が落ち着いてきたら、やっぱり皆さん、再建という話が出てきて、で、オフ会に行ったときに、去年の7月にオフ会に行ったときに、皆さん再建の話がどんどん出てて、大きな、その、2つの流れで、自家組織による再建とインプラントの再建。で、どっち?という話になって。そのオフ会では、どちらかというと、えっと、自家組織のほうがかなり評判がよくて、じゃ、私もそうしようかなというふうに思って、その、そこ(病院)を探して。ただ、両方聞いてみたいので、あのー、自家組織のほうとそれからインプラントのほうと両方、先生の予約を取って行ってみました。
で、えーと、自家組織のほうでやりたかったんですが、やりたいと思ったんですけども、行っていきなり言われたのが、まず、「痩せなさい」と。あのー、「とにかく痩せなければというか、標準体重でなければこの手術はできません」と言われて。で、もう、ちょっと、「そうですか」と(笑)。かなり太ってましたから。もともと太ってたのに抗がん剤でまた太りましたので、じゃあ、どうしようかと思って。で、インプラントのほうの先生に行ったらば、その先生は、あまり、あの、そういう、痩せなさいというふうなことは特には言われなかったんですけども、保険もきかないし(*)、金額がもうびっくりするような金額。いわゆる片側だったらば、あの、幾らというのが、両側だとその2倍になってしまうので、もう、普通の車が1台かな(笑)、とかいう感じですね。そうすると、どうしようかと考えまして、結局、あの、何とか痩せて自家組織による再建したいなというふうに思って、今、頑張ってます。えっと、去年の9月からで15キロ痩せたんですかね。で、何とか今そっち向けて、まだ4~5キロ痩せなきゃいけないんですけども(笑)、そこ向けてちょっと頑張ろうと思ってます。

*2013年7月より、乳がんで乳房切除術を行った患者さんの乳房再建に限り、一部のティッシュ・エキスパンダー(皮膚拡張器)とブレスト・インプラント(ラウンド型)を入れる場合、さらに2014年1月より、アナトミカル型(しずく型)インプラントを入れる場合、健康保険が利くようになりました。ただし保険適用対象となるには、認定医療機関であることやインプラント等の種類に制限があります。

「語ってくれてありがとう!」と思ったらこちらをクリック →

あなたのひと言をどうぞ → ひと言