※写真をクリックすると、動画の再生が始まります。

診断時:48歳
インタビュー時:50歳(2009年2月)

首都圏在住。2007年3月、両側乳がんと診断され、最初の内視鏡下の手術で両側ともに断端陽性で、再度乳房切除術を受けた。術後は抗がん剤と分子標的薬の治療、ホルモン治療を行っている。今後は自家組織を用いた再建術を希望しており、そのために体重を15kg減量した。 夫と子ども2人の4人暮らし。正社員として勤務。

まず、検査は、えっと、会社の健康保険組合が初めて、会社の事業所にマンモグラフィの検診車を横付けして検診しようという1回目の取り組みのときでした。で、私自身は、30歳のときに線維腺腫が見つかって、それから5~6年は半年に一遍ぐらいずつ通ってたんですね、お医者さんに。でも、まあ、大きくなることもなかったので、そのまま。その後は40歳のときに1回受けて、そのまま忙しくなってずっと行ってなかったと。
というのが、40歳のときに受けたときに、あの、大きくはなっていないんだけれども、これが良性か悪性かを確認するためにはやっぱり針生検をしなければいけないというふうに言われて、ちょっと怖かったんですね(笑)。で、そういうものもあって、当時はまだマンモ(グラフィ)はあまりやってませんでしたので、で、今回、マンモグラフィだということで、受けてみようということで受けました。多分、線維腺種があるので、絶対最初に引っ掛かるだろうというのは覚悟してたんですね。だけども、今度はまあちゃんと最後まで受けようというふうに思って行きました。
ところが、結果を見たらば、線維腺種はもちろんあって、そこのところは写っているんですが、それ以外に石灰化の細かいものが両方に見つかったという状態でした。それも、あの、そうですね、そんなに多く映ってるわけではないんですけども、両方とも同じようなぐらい、出ていて、ちょっと先生にも珍しいと言われたような状態でした。
で、会社で受けてますので、大体病院を紹介してくれて、幾つかこう書いてありましたので、まず一番近いところに行ってみたんですけれども、そこは普通のクリニックでしたので、えっと、針による生検まではできたんですけれども、石灰化の部分が悪性かどうかというのは判断できないと、それでやっぱり大きな病院行ってくださいということで。で、そのときに、マンモトーム生検というので調べたんですけども、そこで初めて、私のがんのあれはどういうもんなんだろう、もしがんとしたらどんなもんだろうというのをインターネットで調べてみて、あ、こういう形のものなのかと。で、確かにそれほど進んでいるとか、大きいとか、そういうことではなさそうだし、ある意味、今すぐ命にかかわることではないんだなというとこまでは、あの、納得して。で、そのときの先生は、まず3~4割の確率かなというふうにおっしゃったんですけど、自分としては何となく、多分、がんなんじゃないかなという感じは何となくありました。

私は: です。

(アンケート結果の扱いについては個人情報の取り扱いについてをご覧ください。)

認定 NPO 法人「健康と病いの語りディペックス・ジャパン」では、一緒に活動をしてくださる方
寄付という形で活動をご支援くださる方を常時大募集しています。

ご支援
ご協力ください

モジュール一覧