インタビュー内容テキスト

そのときに、えーと、そうですね、120度、120度ぐらい取る形になるんですかね。そうするとやっぱり形が崩れちゃうので、「メッシュというものを入れて、それ、そこの病院では、形を整えます」と。で、「それを入れると、その周りに体液が集まってきて、形がきれいに戻ります」というふうな形のものだったんですね。で、まあ、私自身は、あまり形にこだわりませんでしたので、「もし、広がったりとかその場所が悪かったりとかしていったら、全部取っても構いませんよ」という話はしたんですが、まあ、「そういうことでもないので」ということで、まあ、メッシュを入れてということでやりました。
で、実際に取った後、右側のほうを聞きましたらば、と、1.2キロとか取ったということで、もう、ちょっとびっくりするぐらい取られちゃったんですけど。で、その、メッシュ入れてるので、水はたま、水っていうか体液がたまってくるんですね。と、何か、ぽっちゃん、ぽっちゃん音がするんですね。これ、多分、あまり経験したこと、あの(経験)した人はあまりいないと思うんですけど、外側が大きかったのと、その、取った部分が大きかったので、もう、ぽっちゃん、ぽっちゃん音がしたんですね。で、そういう状態で、2週間ぐらいしたらもうあまり外から見て分からないぐらいの形になります。で、傷も小さいし、痛くもないし、内視鏡でやってこんな楽なんだというのは思いました。それは確かに。しかも、こんなに形がきれいに戻るんだったら、ああ、よかったなというふうに思ったんですね。
で、そうこうしてるうちに、ところが、右、あ、左の手術の前に、その、結局取ったところの、とこで熱を持って、赤くなってしまったんですね。それはメッシュ入れるために、その、アレルギーを起こす人っているって話は聞いてて、あ、その可能性もあるなと思ったんですけど、熱を持ってしまったので、やはり、遠い病院でしたけども、そこまで入院、行って入院という形になりました。
そのときに、えっと、まあ、どうするかっていうことで、「そのメッシュ、その、合わないんであればやっぱり取るしかない」って言われて、「じゃ、まあ、取りましょう」という形で取ったんですけど、その後の形を見たらば、あまりにも悲惨な形になってしまってるので、それはかなりショックを受けました。せっかく、ああ、こんなきれいだったのになあという、思ったのに、もうとてもすごいショックでしたね。

「語ってくれてありがとう!」と思ったらこちらをクリック →

あなたのひと言をどうぞ → ひと言