インタビュー内容テキスト

――少し、こう、痩せなくてはというふうになられたみたいなんですけど、その辺って、その手術にやっぱり関係してくるんですか?

傷のつきが悪いみたいです。実は、あのー、がんのこの手術したときに、乳輪の傷がなかなか付かなかったです。太ってたので。で、それのあれがあるので、その、「痩せなきゃ駄目」って言われたときに、ある程度納得はしました。で、自家組織のほうはお腹から取るので、その、そこの傷はかなり大きいですから、そのことを考えれば当然なのかなと。まあ、まあ、言われるまでね、できなかったのを、減量できなかったのはあれですけども(笑)。まあ、そう言われてみれば当然だしということで、ちょっと頑張ろうと。その病院の先生に言われて、その日のうちに、あの、スポーツジムに行って、会員になりました(笑)。あの、動くの、スポーツ大嫌いで、もう、小さいときからやったことがない、ほとんどやってない状況でしたけど、まあ、いざとなればやるしかないので(笑)、やりますね。

――その辺のどうやって体重を落とされたのかっていうことも一つ参考になるかと思うんですが…

もう本当に基本的なんだと思うんですけど、運動と食事と、食事は何かを食べないとか何かを食べるではなくて、全部を全体的に量を減らすのと間食をなくす。で、夜遅く食べないというのもあるんでしょうけど、私はちょっとそれはできなくて、やっぱり9時、10時になってしまうときがあるので、そこはちょっと目をつぶって。でも、まあ、量的には少し減らしてということで。ただ、運動は、今までやらなかったんですけども、その分、週3回以上という形で通ってます。
で、やることはもう本当にちょっとで、エアロバイクをやって、ウォーキングを30分ぐらい、ランニングマシンの上でウォーキングを30分ぐらい、あと、ストレッチをやってというぐらいで、全部で1時間半弱ぐらいなんですけど、やっぱり違いますね、そこは。今まで、あの、食事だけでやろうとすると、もうすぐにこう、何て言うか、根気が続かなくなってしまうのと、で、やめたら途端にがんとのび、上がってしまう。増えてしまう。でも、今は、ちょっとぐらいだったらば、あの、食べ過ぎたなと思っても、運動のとこへ行けば何とか持ちこたえられる感じがあるのと、それから、あと、早く汗をかくようになって、あのー、動き出してすぐ、すぐこう、体が温まってくるような感じになってきたので、だいぶ違ったかなと思ってます。
閉経後の一番のリスクの高いのがやっぱり肥満だというふうに、肥満が一番リスク高いと書いてあるので、それにもあわせて、結局ダイエットはどっちでもやらなきゃいけないんだったなというふうには思ってますけど(笑)。何か脂肪がエストロゲンに変わってしまうという、エストロゲンの代替の形としてしまうということなので、私はだから、あの、ホルモン(受容体)、陽性ですので、ここは本当に気を付けないと、というふうに思ってます。

「語ってくれてありがとう!」と思ったらこちらをクリック →

あなたのひと言をどうぞ → ひと言