インタビュー内容テキスト

例えばヨガだとか。例えば瞑想とか。あの、そういうのって私はすごく助けになってたのですね。で、あの、例えばヨガなんかでも、私も本当になんか性格がせっかちなので、あの、もう走りたがるんですよ、人生。それでヨガっていうの、こう、ゆっくり、ゆっくりなんです。最初ゆっくり。で、私の中では、「私は忙しいのよ。こんなゆっくりやってられるんじゃないのよ」って一瞬思うんです。ところが、やってるうちに、「ちょっと待て待て待て待て待て。そうだ。このペースを忘れてた」って思い出させたりとか。

例えば、あの、瞑想、を少しやりに行った時期もあって、あの、全然仏教徒でもないのに。阿字観(アジカン)って知ってますか、フフフ(笑)。あの、そういう瞑想をしたりとか。あとは、あの、まあもともと、うちがクリスチャンなので、やっぱり、あの、なんかそういう別に宗教ではなくて、なんかこう自分に対話をするってことが自分の中ではもう、昔からそれはそんなに嫌なことではなかったので、こう自分と向き合う時間…、ヨガだったり、瞑想だったり。

あの、例えばそうですね、もう1つはやっぱり、病気になってすごく、あの、自分がこういう病気を抱えたり、痛みを抱えることで何か人生観変わったっていうのは、自分が生物なんだっていうことをあらためて、何ていうのかな、こう感じる。何ていうの。人間って何となくこう、あの、動物とは違うっていうか、もっとこう高尚なものだと自分の中ですごく思っていたのが、「何だ、自分も死んでいく存在じゃない?」っていう、生物としての自分っていうこととか。あとは、だから自然の中で自分も生きているんだから、いつかは死ぬんだなっていうふうに思ったりするので。なら、なんか、どうせ死ぬ…生物であれば、なんか毎日平和なほうがいいなと思うので、そういう対話をすることが痛みをコントロールにつながったり、あの、自分が病気に向き合うっていうものの、なんかこう、1つあったんじゃないかなというふうに思います。だから、それがなかったら、私、もっと苦しんでたような気がするんですよ。何で私がこんな病気にならなきゃいけないのとか、何悪いことしたのとか、たぶんそういうふうになってたんじゃないかなと。

「語ってくれてありがとう!」と思ったらこちらをクリック →

あなたのひと言をどうぞ → ひと言