※写真をクリックすると、動画の再生が始まります。

インタビュー時:49歳(2014年11月)
疼痛期間:16年
診断名:関節リウマチ

首都圏在住の女性。子育て中の33歳の時に初めて足の痛みと腫れ、手のこわばりを自覚。複数の医療機関を受診してようやく確定診断がつき、プレドニンの内服治療を受けるが強烈な痛みが続く。2002年以降、いくつかの新薬を試して自分に合うものが見つかった。現在は代替療法も活用しながら、ある程度痛みをコントロールして、大学教員として通常の業務をこなすことができている。

ですから、あの、いろんな気持ちの中で、えー、その痛みが落ち着いてきたので、なんか自分で自分の人生を、もしかしたらコントロールできるかなっていう感覚を少し持ってますけれど、この痛みが襲うことで、この自分の生活のコントロールができなくなっ…ちゃうんじゃないかっていうのは、痛みとともにやっぱり感じることです。なので、あの、痛みが、来なければいいなっていうのはいつも思っているんですね。 で、もう1つは痛みがあると、自分の生活に何か無理しているところがあるかなっていうので、もう1回再点検するんです。で、睡眠不足だったりとか、あの…、疲れすぎだとか、あの、ストレスを抱えてるっていう自分に気がついて、もう1回ちょっと、あの、修復っていうか、そういうことをしながらなので。いつもいつもその痛みと自分の生活と、あの、もちろんメンタルも含めてですけど、コントロールをするバロメーターというのが今は痛みになっていますね。 で、今は、まあ、かなり前よりはコントロールがつくようになったので、できる限りのことを今日やりたいっていう思いはとてもあります。なので、敗北感から少し這い上がった自分が今あるかなっていう感じです。

私は: です。

(アンケート結果の扱いについては個人情報の取り扱いについてをご覧ください。)

認定 NPO 法人「健康と病いの語りディペックス・ジャパン」では、一緒に活動をしてくださる方
寄付という形で活動をご支援くださる方を常時大募集しています。

ご支援
ご協力ください

モジュール一覧