※写真をクリックすると、動画の再生が始まります。

インタビュー時:45歳(2014年12月)
疼痛期間:約22年
診断名:腰椎椎間板ヘルニア

北海道在住の女性。看護師として働いているとき、重い酸素ボンベを運搬したことをきっかけに以前からあった腰痛が悪化。2回の髄核摘出手術を受け、その後も医療機関を転々とした。入院中に参加した患者会で、「痛いから痛い」と痛みにとらわれるのではなく、考え方の方向転換をするきっかけを得た。現在、信頼のできる医師との出会いを機に、鎮痛剤の過剰服用もやめ自己調整できるようになり、休職中に整体師の資格を得て就業したが、復職と退職を繰り返し10年ぶりに夜勤のある看護師に復職している。

入院してる――あ、行ったのは本当に何カ月間で、3カ月ぐらいの間で、えー、たまたま、「こういう会があるから行ってみたらどうだろう」っていうのを、あの、担当のナースに言われて、半信半疑、どこでやってんだみたいな感じで、部屋を、開催されてる部屋探して行って。…えー、その、それからそうですね、1週間に1回、まあ2カ月か3カ月ぐらい毎週のように行って、その後は本当に仕事との兼ね合いで、本当に何年かですよね、行ってたの。

――話し合いとか、どういう言葉が自分にとって、一番考え方を変えるきっかけになったお話しとかありますか。覚えている中で結構なんですが。

みんなでそのとき、その会うときまでの、その痛みはどうであったよっていう話の中で、たまたま、ちょっと何科の学生か忘れたんですけども、その学生が、「トラを見てトラ」、さっきから何回も出てるんですけど、トラを見てトラと思うんではなくて、そのウサギだったり、違う動物。だから、そのトラのカードが痛みだとしたら、それは痛みではなくて違う方向に(笑)考えていけたら、まあそこは、まあ痛みは50%だったとしても、違う方向から何カ所かから見ていけばたぶん、あの、痛み自体は減るんじゃないっていう、その学生さんの言ってたことから、ちょっと自分でもその考える方向を変えましたね。

――最初の3カ月ぐらいで、毎回のセッションの中で自分の考えがこう変化していくっていうことに、自分自身も気づいたりとかされていきました?

その間は気づいてなかったですね。ただ、そのトラのときに学生さんが、「これを見て普通はトラと答えるんだけども」うん…「トラとは思わずにほかの動物っていう考え方ができれば、おそらくこのトラが痛みの根本であって、それをそう捉えるんじゃなくて、ほかの方向に振っていければ考え方が変わるよ。変われば、痛みもおそらく軽減はしていくでしょう」ということで。ただ、ただ漠然とそのときは聞いてたんで、それから本当に何年かたってからですかね。自分のなんか、「ああ、あのときの学生、言ってたのはこういうことなんだ」っていう部分が自分で。そうですね。大体、平成14年くらいからですかね。整体の勉強始めて、うん、から、「それは、ああ、こういうことだったんだな」って気づくようにはなりました。

私は: です。

(アンケート結果の扱いについては個人情報の取り扱いについてをご覧ください。)

認定 NPO 法人「健康と病いの語りディペックス・ジャパン」では、一緒に活動をしてくださる方
寄付という形で活動をご支援くださる方を常時大募集しています。

ご支援
ご協力ください

モジュール一覧