※写真をクリックすると、動画の再生が始まります。

プロフィール

インタビュー38

インタビュー時:40歳(2017年2月)、疼痛期間:8年以上、診断名:頚椎症。
首都圏在住の男性。パートナーとその家族と同居。勤務医を経て大学教員となる。脳性麻痺という生まれつきの障害をもっており、車椅子の生活である。書籍の執筆が大学の仕事と重なったことで、左側の首、肩、左手小指にかけての強烈な痛みと痺れが出た。自分の研修医時代をよく知る医師に診察を受け感情を吐露したことで、痛みが和らいでいくことを経験し、現在は当事者の視点から痛みの研究に取り組んでいる。

詳しいプロフィールを見る

もう何事もなく、こう、一患者として診察が終わればいいなというふうに思って、こう小さくなってたんですけど、そんなことは叶わずですね、私もその車いすを使った――あの、乗ってたので、学生時代から目立ってたので、「ああ、あなたですか」という感じで(笑)、すぐにあの、人物が同定されてですね。「どうですか、最近は」みたいな話から始まって。何だかその、「あ、もう自分の弱いところも含めて、顔が割れてしまった」というのがきっかけになって、一気に何か、せきを切ったようにですね、あの急に私、話し始めちゃったんです、いろんなことを。
というのは、その、卒業してどういうふうに苦労してきたのかとか、その臨床をやりながら、あの、自分は障害を持ちながら医療的な、あの、診察をですね、やるときの苦労話とかですね。あるいは、そこでのその挫折の経験ですとか。とはいえ、いろいろな人に支えられて、何とかそれなりに私自身の臨床スタイルをつくり上げたこととか、そういうことを。つまり痛みとは一見して関係のない話ですね。私のナラティブというか。卒業してからずっと、あの、あまりこういう話って人とシェアしにくいというか。医療者の何ていうんでしょう、苦労話って、まあ医療者同士だったらできる部分もあるけれども、私は障害を持ってる医療者なので、ちょっと状況も特殊でなかなか話す機会がなかったような。さまざまな葛藤ですとか、傷つきですとか、そういう話を何だかせきを切ったようにしゃべってしまったんですよね。それをその担当医が黙って聞いてくれて、ひたすら、「ふん、ふん」って、あの、うなずいて聞いてくれてですね、これまでと同じように非常に丁寧に診察をしてくれて。
で、最後にあの、見立てを、そのアセスメントをおっしゃったんですけれども。それはその、今までの2軒のドクター、そのそれ以前にかかってたドクターと結果としては変わらなかったんですね。様子を見ましょうというふうな方針だったんですが、最後に一言その先生が、そのあの、「また何かあったらいつでも来てください」と。「うちの科を上げて、全力で応援するからね」っていうふうなことを一言、言ってくださったんですね。で、あの、すごくこう心が温かくなったというか、ちょっとあの、目頭が熱くなったというか。という経験をして、翌日からすごく痛みが取れたんですよね。

それ以来、何かこう、気にならなくなったというか。痛みはあるけど気にならないというふうな状態が始まって、もうすぐに首のカラーも取って、痛み止めもやめて、で、日常生活に戻っていったというふうなことがありました。で、今に至るというか。それ以来、今も痛みはあるんだけど、あの、何ていうんでしょうね。So whatというんでしょうか、そのまま暮らしているという感じが今まで続いてますね。

「語ってくれてありがとう!」と思ったらこちらをクリック

あなたのひと言をどうぞ

私は: です。

(アンケート結果の扱いについては個人情報の取り扱いについてをご覧ください。)

array(2) { [0]=> object(WP_Term)#10893 (17) { ["term_id"]=> int(87) ["name"]=> string(27) "医療者とのかかわり" ["slug"]=> string(6) "medpro" ["term_group"]=> int(0) ["term_taxonomy_id"]=> int(87) ["taxonomy"]=> string(8) "category" ["description"]=> string(0) "" ["parent"]=> int(24) ["count"]=> int(25) ["filter"]=> string(3) "raw" ["term_order"]=> string(1) "2" ["cat_ID"]=> int(87) ["category_count"]=> int(25) ["category_description"]=> string(0) "" ["cat_name"]=> string(27) "医療者とのかかわり" ["category_nicename"]=> string(6) "medpro" ["category_parent"]=> int(24) } [1]=> object(WP_Term)#10895 (17) { ["term_id"]=> int(94) ["name"]=> string(27) "心理・精神面の治療" ["slug"]=> string(7) "paramed" ["term_group"]=> int(0) ["term_taxonomy_id"]=> int(94) ["taxonomy"]=> string(8) "category" ["description"]=> string(0) "" ["parent"]=> int(22) ["count"]=> int(13) ["filter"]=> string(3) "raw" ["term_order"]=> string(1) "4" ["cat_ID"]=> int(94) ["category_count"]=> int(13) ["category_description"]=> string(0) "" ["cat_name"]=> string(27) "心理・精神面の治療" ["category_nicename"]=> string(7) "paramed" ["category_parent"]=> int(22) } }
同じテーマの語りを見る