※写真をクリックすると、動画の再生が始まります。

プロフィール

インタビュー02

インタビュー時年齢:80歳(2012年11月)
骨粗鬆(しょう)症の治療薬の治験(第何相試験かは不明・プラセボ対照試験)に参加。
首都圏在住。もともとひざの痛みがあり、整形外科に通院していた時に骨粗鬆症だといわれたが、母親の介護のため通院を中断し、特に治療は受けていなかった。その後、2007年に骨粗鬆症治療薬の治験参加者募集の新聞広告を見て、ひざの痛みが少しでも良くなればと考えて応募。治験は薬を毎日1回自己注射するもので、当初1年の予定であったが、さらに1年延長された。

詳しいプロフィールを見る

―― 2年間の治験を終わられて、今振り返ってみて、参加されたのっていかがでしたか。

やっぱり結果的には良かったと思います。はい。

―― どういったところが良かったですか。

きっと行ってなかったらもっと足がえらくって、自分が、そのー…、何ていうのかしら、動くのに、いろいろ…。今よく、新聞やなんかでもグルコサミンだとか、ねえ、いろいろ出てるじゃないですか。やっぱりそういうのを飲んでたんじゃないかなと思いますけど、私も、その治験行ったおかげかどうかそれは分かんないんですけど、おかげさまで、その、グルコサミンだとかそういうのを全然飲んでなくても別に、立ち居振る舞いに、その苦労するってことは感じませんからね。だから、皆さんがよく飲んでて、私も飲まなきゃいけないかなと思うんですけど、でも、特別痛くもないし、困らないから、うんとひどくなったら飲もうかしらくらいでもって、いまだに飲んでませんけども、きっとそれもやっぱり治験行ってたおかげじゃないかなと思って、そういう点では、あの、治験行ったことに感謝してます。はい。

「語ってくれてありがとう!」と思ったらこちらをクリック

あなたのひと言をどうぞ

私は: です。

(アンケート結果の扱いについては個人情報の取り扱いについてをご覧ください。)

array(1) { [0]=> object(WP_Term)#12192 (17) { ["term_id"]=> int(8) ["name"]=> string(18) "終了後の感想" ["slug"]=> string(5) "kanso" ["term_group"]=> int(0) ["term_taxonomy_id"]=> int(8) ["taxonomy"]=> string(8) "category" ["description"]=> string(0) "" ["parent"]=> int(6) ["count"]=> int(7) ["filter"]=> string(3) "raw" ["term_order"]=> string(1) "3" ["cat_ID"]=> int(8) ["category_count"]=> int(7) ["category_description"]=> string(0) "" ["cat_name"]=> string(18) "終了後の感想" ["category_nicename"]=> string(5) "kanso" ["category_parent"]=> int(6) } }
同じテーマの語りを見る