※写真をクリックすると、動画の再生が始まります。

プロフィール

インタビュー02

インタビュー時年齢:80歳(2012年11月)
骨粗鬆(しょう)症の治療薬の治験(第何相試験かは不明・プラセボ対照試験)に参加。
首都圏在住。もともとひざの痛みがあり、整形外科に通院していた時に骨粗鬆症だといわれたが、母親の介護のため通院を中断し、特に治療は受けていなかった。その後、2007年に骨粗鬆症治療薬の治験参加者募集の新聞広告を見て、ひざの痛みが少しでも良くなればと考えて応募。治験は薬を毎日1回自己注射するもので、当初1年の予定であったが、さらに1年延長された。

詳しいプロフィールを見る

―― その治験に参加されてる間のことなんですけども、ま、何回か通われてたってことでしたけど、途中で何か不都合があったりとか、生活がちょっと治験に参加してからちょっと変わっちゃったなとか、そういったことってありましたか。

あ、それはなかったですね。もう、何しろ、その、行き始めたら、私は一つやったらずっと最後まで続けるほうなもんですから、もうこれは絶対どうしても行かなきゃと、お仕事みたいな感じでもって、そのときになったら必ず行ってました。はい。

―― それで体の具合が悪くなったりとか、何かちょっと気持ちが、面倒くさくなったなとか、そういったこともなかったですか。

うん、ちょっと大変なときもありましたけどね、でも、自分が行こうと思って行ったんだから、これは最後までやり遂げなきゃいけないと思って一生懸命行きました。はい。

―― どんなときが大変だったですか。

うん、やっぱり冬寒いときに、電車に乗ったり降りたり、それから、朝、やっぱり早く起きて、うち出ますわね。で、(最寄りの駅から)ま、後はタクシーで行っちゃったんですけど、そこまで行くのにやっぱり、朝早いときなんてやっぱしつらいなと思うときもありましたしね。はい。でも、やっぱり自分のためだから、これは行かなきゃと思って行ってました。はい。

―― 通われてたのは、お一人でいらっしゃったんですか。

はい。一人で行ってました。全部初めから最後まで自分一人で行きました。はい。

「語ってくれてありがとう!」と思ったらこちらをクリック

あなたのひと言をどうぞ

私は: です。

(アンケート結果の扱いについては個人情報の取り扱いについてをご覧ください。)

array(1) { [0]=> object(WP_Term)#12192 (17) { ["term_id"]=> int(40) ["name"]=> string(24) "日常生活への影響" ["slug"]=> string(7) "seikatu" ["term_group"]=> int(0) ["term_taxonomy_id"]=> int(40) ["taxonomy"]=> string(8) "category" ["description"]=> string(0) "" ["parent"]=> int(5) ["count"]=> int(10) ["filter"]=> string(3) "raw" ["term_order"]=> string(1) "0" ["cat_ID"]=> int(40) ["category_count"]=> int(10) ["category_description"]=> string(0) "" ["cat_name"]=> string(24) "日常生活への影響" ["category_nicename"]=> string(7) "seikatu" ["category_parent"]=> int(5) } }
同じテーマの語りを見る