※写真をクリックすると、動画の再生が始まります。

プロフィール

インタビュー02

インタビュー時年齢:80歳(2012年11月)
骨粗鬆(しょう)症の治療薬の治験(第何相試験かは不明・プラセボ対照試験)に参加。
首都圏在住。もともとひざの痛みがあり、整形外科に通院していた時に骨粗鬆症だといわれたが、母親の介護のため通院を中断し、特に治療は受けていなかった。その後、2007年に骨粗鬆症治療薬の治験参加者募集の新聞広告を見て、ひざの痛みが少しでも良くなればと考えて応募。治験は薬を毎日1回自己注射するもので、当初1年の予定であったが、さらに1年延長された。

詳しいプロフィールを見る

―― 治験を受けようっていうふうになった段階で、最初のほうの説明のときに、お薬は必ず何か効き目のあるお薬を打っていただくことになりますよっていう説明だったか、それとも、半分ずつグループ分けて効き目のないお薬を使う場合もありますみたいな、そういう話っていうのはなかったですか。

そんなのはね、そうそう、紙に書いてありましたね。効き目のないお薬を使う場合もあるけども、それは、ご本人には知らせないってことは書いてありましたよね。だけどそれは先生方がなさることで、私たちが関与することじゃないと思ってたから、無条件であちらが指示なさることに従ってました。はい。

―― では、ご自身が効き目のあるほうの薬だったかどうかっていうのは、後から先生からお知らせが来たりとか、そういうことはなかった。

それもなかったですね。はい。ただ、行って、指示されたとおりのことをして帰ってくるっていう感じで。無条件でもって、おとなしいいい生徒だったと思います。

―― そういう意味では、ご自身は、多分これは効くほうの薬だったんじゃないかっていうふうに感じてらっしゃるということですかね。

そこまで考えなかったですね。どっちか分かんないし。とにかく向こうで(=治験に通っていた病院で)指示されたことをそのまんま(やっていました)。やっぱり、治験のために(病院に)行ってるんだから、それは、こちらがしていただいて、もしかして異常が出た場合にはすぐご報告すればいいと思ってただけで。別にその、何にも症状が現れなかったんで、無条件に行ってはやってました。はい。

「語ってくれてありがとう!」と思ったらこちらをクリック

あなたのひと言をどうぞ

私は: です。

(アンケート結果の扱いについては個人情報の取り扱いについてをご覧ください。)

array(1) { [0]=> object(WP_Term)#12133 (17) { ["term_id"]=> int(41) ["name"]=> string(63) "特有の仕組み(盲検、プラセボ、ランダム化)" ["slug"]=> string(6) "design" ["term_group"]=> int(0) ["term_taxonomy_id"]=> int(41) ["taxonomy"]=> string(8) "category" ["description"]=> string(0) "" ["parent"]=> int(4) ["count"]=> int(11) ["filter"]=> string(3) "raw" ["term_order"]=> string(1) "0" ["cat_ID"]=> int(41) ["category_count"]=> int(11) ["category_description"]=> string(0) "" ["cat_name"]=> string(63) "特有の仕組み(盲検、プラセボ、ランダム化)" ["category_nicename"]=> string(6) "design" ["category_parent"]=> int(4) } }
同じテーマの語りを見る