※写真をクリックすると、動画の再生が始まります。

プロフィール

インタビュー15

インタビュー時年齢:43歳(2014年3月)/男性(患者の息子)
母親(インタビュー時77歳)がすい臓がん治療のため、【1】がんペプチドワクチンの治験(第3相・プラセボ対照)と【2】漢方薬の治験(第2相)に参加したが、いずれも効果が見られず中止。
首都圏在住。母親がすい臓がんで、薬が効かなくなってきたところ、2013年に主治医から治験【1】を紹介された。母親の病状から時間的余裕もなく、ほぼ即決して、週1回注射を受けるために通院したが、効果が見られず1ヶ月で中止。母親ともども落胆したが、さらに治験【2】を紹介されて参加した。治験【2】でも効果がみられなかったがあきらめきれず、インターネットで他の治験を探し、別の治験に参加準備中。

詳しいプロフィールを見る

―― 治験のパンフレットとかに「やめたくなったらいつでもやめられます」って書いてありますね。

はい、書いてありましたね。

―― あれに関しては、いかがですか。説明されたことを覚えているかとか、やめたくなったときにやめられるっていうことは、どれぐらい重要なこととして受け止めてらっしゃいますか。

いや、あのね、重要なこととしては、受け止めてなかったです。……何かね、やめたくなるということを、何でやめたくなるのかなっていうのが、不思議で。(自分はそんなこと)思わなかったですね。うーん。せっかく治るかもしれない実験、治験なのに、何で途中でやめなきゃならないのっていう。それも患者側から(参加取りやめを申し出て)ですよ。…重篤な副作用とかが出るかもしれないからなのかもしれないんですけれども。でも、そこら辺は(=副作用がでるかもしれないということは)あまり気にもならなかったですね。

「語ってくれてありがとう!」と思ったらこちらをクリック

あなたのひと言をどうぞ

私は: です。

(アンケート結果の扱いについては個人情報の取り扱いについてをご覧ください。)

array(1) { [0]=> object(WP_Term)#12190 (17) { ["term_id"]=> int(31) ["name"]=> string(39) "参加継続/中止をめぐる思い" ["slug"]=> string(5) "chusi" ["term_group"]=> int(0) ["term_taxonomy_id"]=> int(31) ["taxonomy"]=> string(8) "category" ["description"]=> string(0) "" ["parent"]=> int(3) ["count"]=> int(10) ["filter"]=> string(3) "raw" ["term_order"]=> string(1) "2" ["cat_ID"]=> int(31) ["category_count"]=> int(10) ["category_description"]=> string(0) "" ["cat_name"]=> string(39) "参加継続/中止をめぐる思い" ["category_nicename"]=> string(5) "chusi" ["category_parent"]=> int(3) } }
同じテーマの語りを見る