※写真をクリックすると、動画の再生が始まります。

プロフィール

インタビュー15

インタビュー時年齢:43歳(2014年3月)/男性(患者の息子)
母親(インタビュー時77歳)がすい臓がん治療のため、【1】がんペプチドワクチンの治験(第3相・プラセボ対照)と【2】漢方薬の治験(第2相)に参加したが、いずれも効果が見られず中止。
首都圏在住。母親がすい臓がんで、薬が効かなくなってきたところ、2013年に主治医から治験【1】を紹介された。母親の病状から時間的余裕もなく、ほぼ即決して、週1回注射を受けるために通院したが、効果が見られず1ヶ月で中止。母親ともども落胆したが、さらに治験【2】を紹介されて参加した。治験【2】でも効果がみられなかったがあきらめきれず、インターネットで他の治験を探し、別の治験に参加準備中。

詳しいプロフィールを見る

(治験を担当する)先生から、その詳しい説明っていうのは受けたんですけれども、あまりにも専門用語が多くてですね……理解は、正直言って、母もわたしもできませんでしたね。それで、まして「第Ⅲ相試験というのは、そのニセ薬、プラセボが入っていますよ」(※)って(言われて)。「もし、これにあたってしまったら、ただ、水を打っているだけなので、何も効き目がありません」っていうふうには言われました。それだけは確認っていうか、はっきりと脳には頭に焼き付いている言葉でしたね、はい。

―― プラセボに当たる可能性があるっていうことを聞いて、その治験に参加するしないの判断に何か影響とかありませんでしたか。

いや、ありませんでしたね。もう、はっきり言って、母は、自分はプラセボには当たらないというふうに自信を持っていた。どっからわいている自信か分からなかったんですけれど、「絶対に薬に当たる」というふうに考えていたので、プラセボっていうのは、考えていなかったですね。今から考えると不思議なんですけれども、まあ、それだけ、(治験が)あったらすがりたいっていうのがあったので、もうできるならば、それを(=その治験に参加したい)っていう感じでしたね。

(※)第Ⅲ相試験が必ずしもプラセボ対照試験になるとは限りません。詳しくは専門家インタビューを参照。

「語ってくれてありがとう!」と思ったらこちらをクリック

あなたのひと言をどうぞ

私は: です。

(アンケート結果の扱いについては個人情報の取り扱いについてをご覧ください。)

array(1) { [0]=> object(WP_Term)#11090 (17) { ["term_id"]=> int(41) ["name"]=> string(63) "特有の仕組み(盲検、プラセボ、ランダム化)" ["slug"]=> string(6) "design" ["term_group"]=> int(0) ["term_taxonomy_id"]=> int(41) ["taxonomy"]=> string(8) "category" ["description"]=> string(0) "" ["parent"]=> int(4) ["count"]=> int(11) ["filter"]=> string(3) "raw" ["term_order"]=> string(1) "0" ["cat_ID"]=> int(41) ["category_count"]=> int(11) ["category_description"]=> string(0) "" ["cat_name"]=> string(63) "特有の仕組み(盲検、プラセボ、ランダム化)" ["category_nicename"]=> string(6) "design" ["category_parent"]=> int(4) } }
同じテーマの語りを見る