インタビュー内容テキスト

―― 情報収集っていうのは、どういうふうにされたんですか。

インターネットで、もう「治験、膵臓がん」っていうふうに入力して、それで、ばあーっと出てきたところで、例えば、どこにとったかな、大学病院さんとか、普通の病院さんですよね、付属の病院さんじゃない普通の病院さんでもあって、……うーん、……そういうふうに調べましたね。
それで実際に、その膵臓がんてなっているんですけれども、実際に電話してみると、「いや、これは、膵臓がんなんだけれども、大腸がんが転移した膵臓がんに……の、治験なんです」とか、何かしら条件がついていたんですよね。それで、ましてや、ペプチドワクチン療法をやっていたので、「あ、そのワクチン治療を治験でやられているんですか」って。「そうすると、うちでは受けられないんですよ」っていうふうなことを言われて。「えーそういうものなのか」っていうの、ちょっとびっくりしましたね。うーん、ほかにも、ほんとに全部断られました。……そういう条件で。

―― その断られたケースについても、詳しく教えていただきたいんですけど。例えば、断られた理由とか、何件ぐらい電話したかとか、そういうことって覚えてらっしゃいますか。

うーんと、そうですね、……あまり、膵臓がんの治験をやっているところは、少なかったので、6~7件かな。大学病院さんだったりとか、私立の病院さんだったりとか、まあ、大きな病院さんですよね。研究室が合体している病院さんだったりとか。で、はじから電話したんですけれども。やっぱり、「胃がんから発生した膵臓がんの…のための治験なので、膵臓がんを単体でやられている方には申し訳ないけれどもできません」っていうふうなこと……が、ほとんど言われましたね。だから、ほんとに、膵臓がんのみの治験っていうのはなかったです。

―― その断られたときの、その説明とか対応は納得できるものだったんですか。

……納得は、……でもね、電話で「何とかなりませんか」っていうふうには言ったんですよ。でも、……「いや、それは、ちょっと無理ですね」っていうことは言われましたね、うーん。「膵臓がんなんですけどね」っていうふうに言ったんですけれども、「いや、これは、ちょっと条件が違う、あなたのお母さまには、当てはまらない条件なので、申し訳ないけれども駄目なんですよ」っていうことは言われましたね。

「語ってくれてありがとう!」と思ったらこちらをクリック →

あなたのひと言をどうぞ → ひと言