※写真をクリックすると、動画の再生が始まります。

プロフィール

インタビュー15

インタビュー時年齢:43歳(2014年3月)/男性(患者の息子)
母親(インタビュー時77歳)がすい臓がん治療のため、【1】がんペプチドワクチンの治験(第3相・プラセボ対照)と【2】漢方薬の治験(第2相)に参加したが、いずれも効果が見られず中止。
首都圏在住。母親がすい臓がんで、薬が効かなくなってきたところ、2013年に主治医から治験【1】を紹介された。母親の病状から時間的余裕もなく、ほぼ即決して、週1回注射を受けるために通院したが、効果が見られず1ヶ月で中止。母親ともども落胆したが、さらに治験【2】を紹介されて参加した。治験【2】でも効果がみられなかったがあきらめきれず、インターネットで他の治験を探し、別の治験に参加準備中。

詳しいプロフィールを見る

(がんを切除する手術から)1カ月ぐらいで退院はできたんですけれども、その次の翌年、2012年の春から抗がん剤、ジェムザールを投与し始めたんですけれども。骨髄抑制、……白血球が少なくなってしまう状態が出てしまったので、量を減らしたりとか間隔をあけたりとかしてやったんですけれども。1カ月ごとに、その手術をした病院に行って腫瘍マーカーを測っていたんですけれども、どうもおもわしくないと。腫瘍マーカーの数値が上がってきてしまっているということなので、今度は、内服薬、頓服、TS-1という、膵臓がんの最後の砦というふうなお薬だったんですけれども、それを服用しはじめました。それは、……そうですね、1年近くかな、やったんですよ。それはすぐに効いてですね、腫瘍マーカーも、一時期は1万ぐらい上がっていたんですけれど、それが100を切るぐらいまで下がったんですけれども。ま、ある途中ぐらいから、去年か、……の2月ぐらいからかな、ちょっと、また腫瘍マーカーの値が上がってきてしまったので、うーん、……ほいで、先生のほうから、もうこのTS-1も効かなくなってきたということで、「これからどうしますか」ということをお話ししていただいて、それで、実は研究している抗がん剤、じゃないや、治験のお薬があるということなので、もしよかったらその治験を試してみてはいかがですかということ……になりました、はい。

「語ってくれてありがとう!」と思ったらこちらをクリック

あなたのひと言をどうぞ

私は: です。

(アンケート結果の扱いについては個人情報の取り扱いについてをご覧ください。)

array(1) { [0]=> object(WP_Term)#11089 (17) { ["term_id"]=> int(42) ["name"]=> string(33) "知ったきっかけと情報源" ["slug"]=> string(11) "information" ["term_group"]=> int(0) ["term_taxonomy_id"]=> int(42) ["taxonomy"]=> string(8) "category" ["description"]=> string(0) "" ["parent"]=> int(2) ["count"]=> int(18) ["filter"]=> string(3) "raw" ["term_order"]=> string(1) "0" ["cat_ID"]=> int(42) ["category_count"]=> int(18) ["category_description"]=> string(0) "" ["cat_name"]=> string(33) "知ったきっかけと情報源" ["category_nicename"]=> string(11) "information" ["category_parent"]=> int(2) } }
同じテーマの語りを見る