※写真をクリックすると、動画の再生が始まります。

プロフィール

インタビュー15

インタビュー時年齢:43歳(2014年3月)/男性(患者の息子)
母親(インタビュー時77歳)がすい臓がん治療のため、【1】がんペプチドワクチンの治験(第3相・プラセボ対照)と【2】漢方薬の治験(第2相)に参加したが、いずれも効果が見られず中止。
首都圏在住。母親がすい臓がんで、薬が効かなくなってきたところ、2013年に主治医から治験【1】を紹介された。母親の病状から時間的余裕もなく、ほぼ即決して、週1回注射を受けるために通院したが、効果が見られず1ヶ月で中止。母親ともども落胆したが、さらに治験【2】を紹介されて参加した。治験【2】でも効果がみられなかったがあきらめきれず、インターネットで他の治験を探し、別の治験に参加準備中。

詳しいプロフィールを見る

やっぱり、いちいちそれ(参加できる治験がないこと)を母に言うのは、辛かったですね。……母自身は、何もできない……じゃないですか。もう、……死に向かって…いく、なるべく痛みを少なくして、……ホスピスに入るっていうことが、もう、母の頭の中ではいっぱいであって。……「治験があれば…いいな」っていうふうには言っていましたね。「何か新しいもの(=治験)ない?」って聞くんですよね、わたしに。…「きょう、…どっか(参加できる治験は)なかったの」とか、そういうことを……聞くんですけれども。わたしが答えるのは、「うん、きょうもなかったよ」っていう……感じでしたね。うーん。だけど、母は母なりに、……うーん、……頑張っていたっていう言い方は、ちょっと当てはまらないかもしれないですけれど、……何とかならないかなっていうふうには思っていたと思います。わたしには、言いませんでした。母は、…そういう弱音をはく人間じゃなかったので、すごい、気丈にふるまっていましたね。わたしの前ではね。うん。

「語ってくれてありがとう!」と思ったらこちらをクリック

あなたのひと言をどうぞ

私は: です。

(アンケート結果の扱いについては個人情報の取り扱いについてをご覧ください。)

array(1) { [0]=> object(WP_Term)#11089 (17) { ["term_id"]=> int(33) ["name"]=> string(30) "周りの人とのかかわり" ["slug"]=> string(10) "m-kakawari" ["term_group"]=> int(0) ["term_taxonomy_id"]=> int(33) ["taxonomy"]=> string(8) "category" ["description"]=> string(0) "" ["parent"]=> int(5) ["count"]=> int(9) ["filter"]=> string(3) "raw" ["term_order"]=> string(1) "3" ["cat_ID"]=> int(33) ["category_count"]=> int(9) ["category_description"]=> string(0) "" ["cat_name"]=> string(30) "周りの人とのかかわり" ["category_nicename"]=> string(10) "m-kakawari" ["category_parent"]=> int(5) } }
同じテーマの語りを見る