※写真をクリックすると、動画の再生が始まります。

プロフィール

インタビュー15

インタビュー時年齢:43歳(2014年3月)/男性(患者の息子)
母親(インタビュー時77歳)がすい臓がん治療のため、【1】がんペプチドワクチンの治験(第3相・プラセボ対照)と【2】漢方薬の治験(第2相)に参加したが、いずれも効果が見られず中止。
首都圏在住。母親がすい臓がんで、薬が効かなくなってきたところ、2013年に主治医から治験【1】を紹介された。母親の病状から時間的余裕もなく、ほぼ即決して、週1回注射を受けるために通院したが、効果が見られず1ヶ月で中止。母親ともども落胆したが、さらに治験【2】を紹介されて参加した。治験【2】でも効果がみられなかったがあきらめきれず、インターネットで他の治験を探し、別の治験に参加準備中。

詳しいプロフィールを見る

―― 一つ目の治験が、そのプラセボに当たったっていうのが、情報公開されたっていうふうにおっしゃっていましたけども、そのあたりのことをもう一度詳しく教えていただけますか。

はい、えーと、まあ、8月にそのペプチドワクチン治療をして、えーと、……まあ、残念ながら、結果は、駄目だったんですけれども。それで、今度は、ほかの大学で、えーと、……ペプチドワクチンがあると、膵臓がんの治験があるということが分かったので。…それは、札幌と東京と二つの大学でやる治験だったんですけれども。それで、……うーん、まあ、そこに申し込んでみようということで、申し込んだんですよね。それで、まあ、1回来てくださいということで、そこの病院に伺って、東京のほうの病院に伺って、それで、……うーん、まあ、先生にお会いして、……まあ、お話を伺ったんですけれども。

うーん、まあ、その先生からも、その「ペプチドワクチン、あ、やったんですね」って。「そうするとできませんね」っていうふうにまず言われましたね、うん。……「それだったらば、……抗がん剤で、まだ認可されていない薬があるけれども、それを、やったほうがいいですよ」っていうふうに言われたんですけれども、「もし、仮に、そのペプチドワクチン、前受けた、一番最初に受けたペプチドワクチンが、そのプラセボだったらば、うちの治験は受けられます」というふうにおっしゃったんですよね。ほれで、……前の先生、あ、最初のときの先生に、その情報公開、「うちの母に打ったのは、……プラセボだったんですか」っていうふうに言ったら、「いや、それは、情報公開はできません」と。それで、…1年後に、だから、1年経たないとその情報公開はできませんというふうに言われていたんですけれども。去年の十……あ、ことしの1月だ、ことしの1月に、もうその薬は効き目がないというふうに製薬会社のほうから話があってですね、えーと、……もう、情報公開はできますということで、その打ってくれた先生から、直接母のほうに電話をしてくれたんですよ。ほれで、「カナイさんが打っていたのは、水だったので、もし、仮に今後プラセボを、あ、ペプチドワクチンを受けられるんだったらば、できます」というふうに言われたんですよね。そしたら、母が喜んでですね、「ああ、よかった」っていうことで。

「語ってくれてありがとう!」と思ったらこちらをクリック

あなたのひと言をどうぞ

私は: です。

(アンケート結果の扱いについては個人情報の取り扱いについてをご覧ください。)

array(1) { [0]=> object(WP_Term)#12133 (17) { ["term_id"]=> int(41) ["name"]=> string(63) "特有の仕組み(盲検、プラセボ、ランダム化)" ["slug"]=> string(6) "design" ["term_group"]=> int(0) ["term_taxonomy_id"]=> int(41) ["taxonomy"]=> string(8) "category" ["description"]=> string(0) "" ["parent"]=> int(4) ["count"]=> int(11) ["filter"]=> string(3) "raw" ["term_order"]=> string(1) "0" ["cat_ID"]=> int(41) ["category_count"]=> int(11) ["category_description"]=> string(0) "" ["cat_name"]=> string(63) "特有の仕組み(盲検、プラセボ、ランダム化)" ["category_nicename"]=> string(6) "design" ["category_parent"]=> int(4) } }
同じテーマの語りを見る