インタビュー内容テキスト

―― で、まあ、最初に、そのクローン病だというふうに、お医者さんから言われたときはどんな感じでしたか。

私は、ほっとしました。病名が付いたことが安心して。その心の病だと思い込んでいたんで、自分でこれ以上どう頑張っていいかも分かんないし、どうし、何をどうしていいか分かんなかったんですけど、ちゃんと病名が付いたので私のせいじゃなかったみたいな感じで安心したんですけど、家族はもうショックだったみたいですね。

―― そのときはあれですか、ご両親とご一緒だったんですか。

あ、そうですね。家族は主人、あ、えーと、両親と一緒に住んでました。

―― お母さまとか、どんなふうにおっしゃいました?

私には直接何も言わないんですけど、妹はいるんですけど、妹に話してたときに、もうオイオイ泣いてたみたいで、後から聞いた話ですけど、自分を責めたみたいなんですね。自分の、う、産み方がじゃないけど(笑)、何かそう思ったみたいですけど、私の前では、もう元気に「何とかなるよ」って言って明るく振る舞ってました。
まあ、父には話してなかったんですよね。そういうのが理解できる性格のタイプじゃなか、ないので、今でもですけど、こう、よわ、それこそ母を責めるような感じなので、もう誰も、さ、話さなかったです(笑)。娘が入院してても気にもしない人なので、今も多分分かってないと思います(笑)。

「語ってくれてありがとう!」と思ったらこちらをクリック →

あなたのひと言をどうぞ → ひと言