インタビュー内容テキスト

―― その病気になるまでと、それから、まあ、病気になってからですね、その、ご自分のその考え方とか、そういうのが何か大きく変化したっていうことはありますか。

うーん。
病気になる前は…、誰、誰かの受け身、完全に受け身で誰かから言われたとおりに生きてた気がするんですけど、病気になってからは、しばらくも、まだその半分はそうだったんですけど、病気、一番苦しくなってからはいろんな本を読むようになって心の世界があることとかいう自己、自分の、かん、思い方でどうにでもなるよっていうのを、し、気付くきっかけを病気がくれたと思うので、まあ、そこからはどんどん考え方次第、楽しい人生に今なっているので、まあ、何かのせいにするとかいうんじゃなくて自分が思ったとおりにやってみれば何とかなるんだっていう気持ちになってます。

―― それは、病気になってどれぐらいの期間がたってからですか。

その気持ちになったのは、病気になって……、10年、9年、10年ぐらいですね。

―― その、それまでっていうのは、その、そ、今までと変わらない、その受け身の気持ちが続いてたわけですか?

はい。もう主婦だから家にいなきゃ、主婦だからおうちのことしなきゃ、もう病気だからお仕事はできない、全部諦めてたんですけど。
まあ、その本を読むきっかけになったのは、もうとことん頭がおかしくなるぐらいおかしくなったときがあって、そのときにもう薬もやめ、病院も行かず…、何か、西洋医学を全部否定したときがあって。
そこまでやると、もう栄養失調ですね、完全に栄養失調で脳に多分栄養いっていなかったみたいで、それこそ本気で精神科に連れて行かれて…、からの退院した後にそういう本を読み出して気が付いたんで、やっぱとことん痛い目に遭わないと気付かない自分、自分だったのかなとか思うんですけど。

「語ってくれてありがとう!」と思ったらこちらをクリック →

あなたのひと言をどうぞ → ひと言