インタビュー内容テキスト

―― そのストーマを付けるということが、まあ、分かったときっていうのは、どんなふうに思われました?

うーん。手術が怖いとか嫌だというよりも、仕事ができなくなるのがすごく心配でした。で、あの、ストーマ付けている人は世の中にいっぱいいるし、全然私なんか気付かないところで多分いっぱいいらっしゃるので、そんな不便もないだろうし、何とかなるなとは思ったので、すぐ受け入れたんですけど…。一晩ぐらいは、泣き、泣いた、泣きました(笑)。
で、『CCJAPAN』という本とかで手術経験者の話とかインターネットで調べて、みんな大丈夫だと思ったら、もうすぐ次の日から大丈夫になったんですけど。まあ、看護師さんにはしつこく聞いていました、どうやって出すんですかとか、どんなポーズでとか。たら、みんな優しく具体的なことを教えてくれたので、もう後は手術に向けての生活というか。で、多分、多分素直に受け入れたほうだとは思います。

―― じゃあ、その手術をする前までに、えー、いろんなストーマの情報とかを聞いて、ある程度納得して、まあ、手術に臨まれたということですか。ああ。でも、その若い女性にとってやっぱりストーマというのは、かなり刺激的なものですよね。

そうですよねえ。

―― その現物とかをご覧になりました、その手術前に?

あのビデオを見せていただきました。実際の患者さんが手当てというか、どんなパックの付け替えとかいうビデオを見て納得っていうか。言葉とか写真だけでは全然イメージ湧かなくて、実際付け替えているところを見て納得しました。

―― あ、それでこれなら私もできそうだという。

うん。できそうだって思ったのと、一番強いのはもう食べちゃ駄目ってずっと言われてたので、食べてみたいのが強かったですね。生野菜食べていいんですかとか、あの、野菜食べていいんですかとか(笑)。これなら食べれるようになりますかを、すごく聞いていました、先生には。

―― それで、ストーマにしたら食べてもいいですよって。

うん。ちょっとは食べれるよって、そんな病気は治らないから気を付けながらだけど、少しずつ食べれるよっていうのを聞いて、少しでもいいから食べたいって思ったんですね。

「語ってくれてありがとう!」と思ったらこちらをクリック →

あなたのひと言をどうぞ → ひと言